日商 Assist Biz

更新

あの人を訪ねたい 諏訪内晶子

「情報があふれすぎている今、一つのことを続けること、積み重ねていくことが大切。それが自信につながります」

18歳で世界三大コンクールの一つ、チャイコフスキー国際コンクールで史上最年少かつ日本人初の優勝に輝いた諏訪内晶子さん。世界的ヴァイオリニストとして活躍し、昨年デビュー30周年を迎えた。2013年より芸術監督を務める「国際音楽祭NIPPON」では東日本大震災の被災地にも音楽を通じて熱いエールを送っている。

華々しいデビュー後も自分の在り方を地道に探求

「史上最年少」で結果を出し、鮮烈なデビューを果たす。一夜にしてスターとなり名前と顔が知られるが、当事者はそれまでの生活が一変し、見知らぬ多くの人からの羨望(せんぼう)と期待を一身に集めることにもなる。ヴァイオリニスト、諏訪内晶子さんもそんな一人だ。弱冠18歳でチャイコフスキー国際コンクールに優勝した当時を振り返り、「プロになるなんて思ってもみませんでした」と言って笑う。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

俳優

漫画から飛び出してきたような端正な顔立ちから、「国宝級イケメン」とも称される吉沢亮さん。小説や漫画を実写化したドラマや映画など数々の作品に出演し、着実に俳優のキャリ…

関連記事

スポーツ庁長官

昨年10月、元ハンマー投げ選手でアテネ五輪金メダリストの室伏広治さんが、二代目のスポーツ庁長官に就任した。前長官の鈴木大地さんに続いてアスリート出身の長官となる。室伏…

書家・アーティスト

6歳から書道を始め、2010年に「龍馬伝」の題字を手掛けた書家でアーティストの紫舟さん。書を立体的な彫刻やデジタル技術や照明を用いた光の作品に昇華させ、唯一無二の現代ア…

第十五代目穴太衆頭/株式会社粟田建設 社長

全国各地に残る城の多くは、今では天守閣がなかったり、あったとしても復元建造物だったりする。しかし、石垣は当時のまま残っているところがほとんどだ。その石垣をつくってい…