日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2021年3月21日号 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の宝庫である。

▼ヨーロッパには野生の猿がいない。生息の北限を超えているからである。アルプス以外、大きな山塊がないから熊もいない。チェコで古城の一角にヒグマが飼われているのを見たが、身近な野生が乏しいせいか、ヨーロッパでは動物園文化が発達した。

▼北限の猿が温泉文化を楽しむ日本は豊かな野生を包み込む。近年、野生動物が街中に出没するようになったのは、放置された森林でエサが乏しくなったのと、農村の過疎化で里山が消滅したことによる。人と野生の生息境界が入り組んできたから、イノシシや鹿による農業被害、クマとの遭遇さえ頻繁になった。

▼絶滅した九州とヒグマのいる北海道を除き、ツキノワグマの生息数は数万頭。1年に5千頭ほどが駆除(違和感のある役所用語)されている。近年は野生食ジビエもめずらしくなくなったが、捕殺された動物の多くは廃棄処分される。

▼昔から動物食は宗教的禁忌ではなかった。イノシシを山くじらと称して食べていた。ジビエの普及を妨げたのは、水が獣肉の出汁に馴染まなかったこともある。すべての川が短く、かつ急流だからカルシウムイオンが溶け出せないための軟水は食文化も左右した。

▼人と野生の接触事故が先進国で桁違いに多いのは、日本の生物多様性を示す。だが管理が行き届かなくなれば感染症リスクも負う。列島の地勢的成り立ち、大陸との距離、降雨と豊かな森林、暖流に囲まれた四季折々の美しさ。いずれも天の恵みであり、同時に天災を孕む宿命でもある。

(コラムニスト・宇津井輝史)

次の記事

コラム石垣 2021年4月1日号 丁野朗

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって...

前の記事

コラム石垣 会議所ニュース2021年3月11日号 神田玲子

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込める...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...