日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「竹を食べる」事業を実施 6店舗が11品のメニューを開発

竹を使ったメニューの試食会

三島商工会議所は、2016年から取り組む「放置竹林活用プロジェクト」の一環として、20年度に「竹を食べる」事業を実施。21年2月に三島市内の会員5事業者6店舗と、竹の粉末や竹炭を使った食品を開発した。

放置竹林は、竹の根が周囲へ侵出して植生を壊し、土砂崩れの原因にもなるなど社会問題になっている。同プロジェクトでは、この問題を啓発するとともに、竹を伐採し消費することで解決しようと、これまでに伐採した竹で賞状額や名刺を製作したり、公園内の川に期間限定の川床を設置したりとさまざまな事業を行ってきた。

今回は、「竹を食べる」をテーマに、ベーカリーやカフェ、レストランなどと連携。竹炭を練り込んだバゲットでタケノコとツナをはさんだ惣菜パンやドーナツ、竹の粉入りの生パスタなど11品のメニューを開発し、2月2日にプロジェクトを推進する同所環境委員会のメンバーらが、同所で試食会を行った。

竹の粉は食物繊維が豊富で、腸内環境を整える効果も期待できるという。参加者からは、「どれもおいしくできた」「タケノコとパンは意外に合う」など好評だった。同所は「竹を食べて放置竹林の問題に関心を持ってほしい。放置竹林を少しでも減らしたい」と力を入れる。開発メニューは各店で販売中。

「竹を食べる」詳細はこちら

次の記事

セレクト地域短信 120周年記念動画を制作・公開 歴史を振り返り、未来へのメッセージ発信

埼玉県 川越商工会議所

川越商工会議所は、創立120周年記念動画「川越商工会議所『地域から世界へ ともに未来を拓こう!』」を制作し、2月12日からYouTubeで公開している...

前の記事

セレクト地域短信 500人にネクタイ進呈 特産品で就職活動応援

東京都 八王子商工会議所

八王子商工会議所(東京都)は、八王子織物工業組合、大学コンソーシアム八王子の協力を得て、市内の大学や同コンソーシアムに加盟する学校に在籍...

関連記事

セレクト地域短信 VR技術で店舗を紹介 コロナ後の集客増狙う

北海道 札幌商工会議所

札幌商工会議所(北海道)はこのほど、VR技術を活用し、市内飲食店や土産店、観光施設などを3D画像で紹介するサイト「Sapporo Virtual Street」を...

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...