日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 駅前にコワーキングスペース開設

トークライブの模様

9月まで3カ月間、活用法探る

田辺商工会議所は6月25日、JR紀伊田辺駅駅前商店街の空き店舗を活用して、異業種の人たちが集う共有の仕事場であるコワーキングスペース「ワークスペース駅前」を開設した。9月まで3カ月間の実験事業で、同所職員が常駐し、「サテライト経営相談窓口」も兼ねている。地方都市でのコワーキングスペースの需要を調査し、田辺市が来春駅前にオープンする市街地活性化施設の利用につなげることが狙いだ。

広さ40㎡の施設内には個人用の仕切り付きデスク6席、打ち合わせ用テーブルやプリンター複合機、Wi-Fiなどを完備。初日のオープニング記念イベントでは「コワーキングの楽しい上手な使い方」と題してトークライブを開催し、デザイナーやまちづくりに関わる建築士ら3人が、独自の視点で共有の仕事場を活用したまちづくりについて語り合った。同施設は、単に場所の共有だけでなく、利用者同士の交流からコミュニティーの誕生、新しいビジネスへの発展も期待されている。

営業は平日午前10時から午後5時まで。利用料金は1時間500円、1日1500円、月会員は1カ月1万円で、貸し切り利用も可能だ。今後は利用者にアンケート調査を行い、意見や要望を集約して市街地活性化施設の開設に備えていく。

次の記事

セレクト地域短信 鉄道車両 陸送でお披露目 ファン3万5千人が集結

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)に事務局を置く実行委員会は7月14日、英国向けの高速鉄道車両が昼間の時間帯に道路上を輸送される様子を見学できる「道路を...

前の記事

セレクト地域短信 SDGsの普及サイト開設

大阪府 大阪商工会議所

大阪商工会議所は6月18日、全国の商工会議所に先駆け、SDGsの浸透を目的とした専用ウェブサイトを開設した(QRコード参照)。SDGsとは、国連が掲げ...

関連記事

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...

セレクト地域短信 企業版テークアウト&デリバリーを推進

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)は、フードデリバリー需要の創出を目的とした「企業版テイクアウト・デリバリー推進事業」を6月から開始した。同事業は、会...