日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 やきものアクセサリー

七窯社 鈴木タイル店(ななようしゃ すずきたいるてん)(岐阜県多治見市)

建築用とは異なる薄く軽いタイルを開発した。見た目の美しさはそのままに着け心地の良さを追求したカフス(右手前)とピアス (撮影:加藤正博)

今月は、美濃焼タイルの装飾技術を生かしてつくられた、モダンなアクセサリーをご紹介します。

岐阜県南部は良質な陶土を産出し、陶器を焼く燃料のカラマツが多く自生していたことから、1300年以上前から陶器の生産が盛んに行われてきました。これらの陶器を美濃焼と総称し、作風や技法に決まった型はなく自由な発想による焼き物づくりが認められてきたといいます。装飾性の高い美濃焼タイルは1914年に開発され、現在もタイルの国内シェア70%以上を誇っています。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

伝えていきたい日本の技 DAYBREAK

金箔押 山村 GOLDREAM

今月は、京都で培われた伝統技術・金箔押を革に施したブランド、GOLDREAM(GOLD+DREAM=『金箔の夢』の意)をご紹介します。金箔押とは、世界で最...

関連記事

伝えていきたい日本の技 南部鉄器「Palma」

及源鋳造

今月は、岩手県の伝統工芸品である南部鉄器の新たな姿を見せるブランド、Palma(パルマ)をご紹介します。南部鉄器には二つのルーツがあり、奥州市水...

伝えていきたい日本の技 sufuto

清原織物

今月は、伝統的な綴織(つづれおり)の技術を生かして「祝いの品々」を展開するブランド、「sufuto(すふと)」をご紹介します。綴織は世界各地で古く...

伝えていきたい日本の技 「おおてらのミニ干支」

大寺幸八郎商店

今月は、高岡市の伝統工芸である高岡銅器の技術を生かした、小さな干支(えと)の置物をご紹介します。加賀藩の二代目藩主・前田利長は地場産業を育...