伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業(あだちしきこうぎょう) (新潟県長岡市)

キャスターにスケートボードのタイヤまわり(トラック・ウィール)を応用するなど工夫が凝らされ、悪路でも滑らかに移動できます(撮影:加藤正博)

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。

バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材パルプやコットンパルプからつくられた、硬く、耐久性・耐熱性の高い素材です。太平洋戦争の際に鉄や革の代替材料として着目されたことを機に、当時自由な商売が制限されていた呉服商から加工業へと業態転換を図り創業したのが、安達紙器工業の前身となる安達ファイバー加工所でした。

軽量で紙の温かみが感じられ、生分解性があるため自然にも優しいバルカナイズド・ファイバーは、主に衣装箱や米びつ、運搬ケースなど箱類に活用されてきました。箱づくりで長年培った技術を集約して開発されたのが、旅行用のトランクです。機能性にこだわったハンドメードのトランクは、取り回しがしやすく、旅の良き相棒となってくれます。

お問い合わせ

安達紙器工業

TEL:0258-24-2145

HP:http://www.adachishiki.co.jp/

※月刊石垣2021年6月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

前の記事

伝えていきたい日本の技 やきものアクセサリー

鈴研.陶業

今月は、美濃焼タイルの装飾技術を生かしてつくられた、モダンなアクセサリーをご紹介します。岐阜県南部は良質な陶土を産出し、陶器を焼く燃料の...

関連記事

伝えていきたい日本の技 ボッコ靴

Kボッコ

今月は、東北や北海道で雪上作業靴として履かれてきた天然生ゴム製の長靴「ボッコ靴」をご紹介します。ボッコ靴は、大正の終わりごろから昭和の初...

伝えていきたい日本の技 2M, 38S

吉正織物工場

今月は長浜市で古くから生産されてきた浜ちりめんを用いたアパレルブランドをご紹介します。ちりめんとは、シルクを原材料とした、よりのない経糸(...

伝えていきたい日本の技 カジュッタ

カジュッタ

今月は、グレープフルーツなどの果実をまるごと搾るジューサー、カジュッタをご紹介します。グレープフルーツの皮はそのまま果肉だけを搾り、ヤシ...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする