日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所(うすきやきけんきゅうじょ) (大分県臼杵市/臼杵商工会議所)

器は料理を引き立てる額縁でありたいという考えから、装飾を控えたシンプルなデザインを軸としています(撮影:加藤正博)

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。

臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が生まれましたが、わずか十数年ほどで衰退し、窯業文化が途絶えていました。この臼杵焼を復興しようと、2015年に地元の有志が集まり立ち上げたのがUSUKIYAKI研究所です。残された数少ない資料や現存する作品を元に、新たな臼杵焼の形を模索し、復活にこぎつけました。

臼杵焼は、板状にした粘土を石膏(せっこう)型にのせて成形する「型打ち」という技法でつくられます。ふちの花びらなどを一点一点指で形づくることで、磁器でありながら陶器のような優しい表情を持たせるといいます。多様な食文化が息づく美食のまち・臼杵を、臼杵焼を通して知ってもらいたいという思いを込め、世界を見据えたものづくりを続けています。

お問い合わせ

USUKIYAKI研究所

TEL:0972-65-3113

HP:https://www.usukiyaki.com/

※月刊石垣2021年7月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

前の記事

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...

関連記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠 無料会員限定

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 やきものアクセサリー

鈴研.陶業

今月は、美濃焼タイルの装飾技術を生かしてつくられた、モダンなアクセサリーをご紹介します。岐阜県南部は良質な陶土を産出し、陶器を焼く燃料の...

伝えていきたい日本の技 DAYBREAK

金箔押 山村 GOLDREAM

今月は、京都で培われた伝統技術・金箔押を革に施したブランド、GOLDREAM(GOLD+DREAM=『金箔の夢』の意)をご紹介します。金箔押とは、世界で最...