この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

前の記事

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

関連記事

伝えていきたい日本の技 小千谷縮の扇子 無料会員限定

水田

今月は、猛暑を乗り切る際に欠かせない、涼やかな小千谷縮(おぢやちぢみ)を使用した扇子をご紹介します。小千谷市は、平安の昔から苧麻(ちょま)を...

伝えていきたい日本の技 麟 Lin 富士山ショットグラス

金照堂

今月は、有田焼に新しい風を吹き込む、メタリックなきらめきが特徴的なショットグラスをご紹介します。1961年創業の金照堂は、有田焼誕生から400年...

伝えていきたい日本の技 天明鋳物のベーゴマ

栗崎鋳工所

今月は、佐野市の伝統工芸である天明鋳物(てんみょういもの)でつくられた、昔懐かしのベーゴマをご紹介します。その起源は平安時代にまでさかのぼ...

検索

月刊「石垣」

20229月号

特集1
西九州新幹線開業!連携で新たな経済・観光振興へ

特集2
日商創立100周年記念講演会 第二弾|第4次産業革命の中心的な企業を目指して

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする