観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ(150g)908円(税込み)

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼこ」が、コロナ禍を乗り切ろうと開発した一品だ。企画力に優れ、大きく売り上げを伸ばしているとして日本商工会議所会頭賞(食品部門)を受賞した。

同社の笹かまぼこは、吟味して仕入れた白身魚のすり身を石うすで練り上げる伝統製法で製造。歯ごたえやふんわりした食感を引き出す職人技で丁寧に焼き上げる。canささは、笹かまぼこに土産品以外の需要をつくり、さらに長期保存も可能にしようと仙台市のワイナリーの助言を得て開発。オリーブオイルに焼き目を付けた笹かまぼことニンニク、マッシュルーム、鷹の爪などを漬けてアヒージョ風に仕立て、缶詰にした。

白ワインとの相性がよく、そのままでも、他の具を加えて調理したりパスタと絡めたりして食べるのもお薦めだ。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

前の記事

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...

関連記事

観光土産品審査会 第62回 受賞商品vol.1 厚生労働大臣賞(菓子部門)

田沢湖 夏いろ冬いろ

最高賞の厚生労働大臣賞に輝いたのは、秋田県横手市の木村屋商店の和菓子「田沢湖 夏いろ冬いろ」。寒天と砂糖を煮詰めて冷やし固め、表面を乾燥...

観光土産品審査会 第61回 vol.5 観光庁長官賞(全部門より)

からし蓮根

熊本県の代表的郷土料理として知られる「からし蓮根」。レンコンの穴にからしみそを詰め、衣を付けて油で揚げたもので、シャキシャキとした食感と...

観光土産品審査会 第61回 vol.4 国土交通大臣賞(グローバル部門)

花丸ろうそくギフト

丸い形の和ろうそくに繊細な花の絵柄が描かれた「花丸そうろく」。「デザイン性に優れ、観光客の目を引く」として、あやめ・椿・ゆりの図柄をセッ...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする