「下町育ちの再建王」の経営指南 『一流人』への道

『一流人』と普通の人との違いは「努力するか否か」、この違いであると、若い頃、舩井幸雄さんから聞きました。一流と評価されることはあくまで結果であり、長い年月をかけて努力を重ねるうちに『一流人』と称されるにふさわしい人物に成長を遂げるのだと、私は考えています。

実家のディスカウントショップ「小山商店」を飛び出して「船井総研」に中途入社したのは「3年間で人脈を広げたい」という目的があったからで、当時私は「コンサルタント」のコの字も知らず、最初は実家時代の経験やノウハウを生かして、クライアントのディスカウントストアの指導を担当しました。その次に、以前勉強して「宝石鑑定士」の資格を持っていたので、それを武器にジュエリー業界の指導を担当することになりました。しばらくすると受け持ち企業の業績が急上昇し、指導先から「船井を辞めないで」と懇願され、辞めるつもりだった3年が5年になり、ついには辞めるのを止めました。

当時、競合する業界トップ3の組合全てを担当し、年商1億円から5億円だった会社が、年商10億円超え、30億円超えとなるなど、多くの結果を出していきました。

私が両親から授かったものの中で才能と呼べるものがあるとすれば、それは「辛抱強く努力できる性格」です。とことん仕事に打ち込み努力するうちに「コンサルタントは天職?」と思えるほど、この仕事が好きになっていました。好きだから、人一倍やる。このスパイラルで私は特殊な域まで成長し、いつの間にか「宝石の小山」と呼ばれるようになっていました。

船井総研で営業成績が1番になると、人脈が人脈を呼び、2番手時代の10倍くらいの人の輪ができました。その後、社長になって、横ばいであった社の業績が3年間続けて右肩上がりになったことで投資家たちから注目を浴び、一流企業のトップの人たちが船井総研に足を運ぶようになりました。自分が一流かどうかは分かりませんが、以来『一流人』たちとの付き合いが多くなり、人脈が膨らんだわけです。

多くの一流の人と交流して抱いた正直な感想は、夢実現のために無我夢中で努力してきた人ばかりだということ。そして、自らが取り組む得意分野がずば抜けているだけでなく、努力の過程で品格や人格までをも身に付け、それら全てに対し、敬意を込めて人は彼らのことを、『一流人』と呼ぶのだ、ということが分かりました。

夢の実現のために必死で取り組み、現状に甘んじることなく、長きにわたって真摯(しんし)に努力、勉強を続ける。尊敬に値するこの生きざまが、一流へ続くたった一本の道です。

みなさんの周囲に『一流人』はおられるでしょうか。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 小事を大事にし、小事に気付く人になる 無料会員限定

小山政彦

視察ツアーで『クレートアンドバレル(Crate&Barrel)』という米国のキッチン用品やインテリアを取り扱う人気店に行った際、同社では、「細部が大...

前の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 人は階段を上がるように成長する

小山政彦

人の成長や進化は、ある意味、一瞬にして起きるものです。もちろん坂道を上るように、長い年月をかけて少しずつ変わっていくものもありますが、こ...

関連記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 お客さまに喜んでいただける金額で売る

小山政彦

「商品やサービスを売るのは、お客さまの最終的満足を売っているのであるから、安いことが全てではなく、その人の所得によって好みも異なる。従っ...

「下町育ちの再建王」の経営指南 世間話、無駄話の益

小山政彦

お客さまがご来店なさったとき、「いらっしゃいませ」と言うのと、「こんにちは」と言うのとでは、相手の心の温まり方が異なります。「いらっしゃ...

「下町育ちの再建王」の経営指南 こまめなギアチェンジで世代交代を

小山政彦

父の経営するディスカウントストアで専務として仕事をしていたとき、「会社では父の意見に反対はせず、家で話をして意見を統一する」ということを...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする