伝えていきたい日本の技 ボルタ

ボルタ工房(ぼるたこうぼう)(北海道室蘭市/室蘭商工会議所)

思い思いに演奏するボルタたち。ボルタには室蘭在住の10代の男の子という設定があり、それぞれにストーリーが付されています(撮影:加藤正博)

今月は、ボルトやナット、ワッシャーでつくられたユニークな人形、ボルタをご紹介します。

室蘭は、1907年に日本製鋼所、09年に北海道炭礦汽船輪西製鐵場(現・日本製鉄)が設立され、製鉄のまちとして発展しました。しかし、産業構造の変化とともに人口はピーク時の半分ほどに減少し、人口流出、空き店舗の増加などが課題に。

そんなまちを活性化させたいと、若手有志はNPO法人テツプロを2004年に設立しました。取り組みの一つとして、鉄のまちらしい土産品としてボルトなどを溶接した人形「ボルタ」を製作。さまざまなポーズをとり、ネジの傾きなどで表情豊かに見せる工夫を凝らしたボルタは人気を集め、現在では100を超えるボルタが製作・販売されています。

室蘭の魅力やものづくりの楽しさを伝えるため、テツプロは鉄にこだわった活動を続けています。

お問い合わせ

NPO法人テツプロ・ボルタ工房

TEL:0143-47-8233

HP:http://www.tetsupro.com/bolta_site/

※月刊石垣2021年12月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 カジュッタ

カジュッタ

今月は、グレープフルーツなどの果実をまるごと搾るジューサー、カジュッタをご紹介します。グレープフルーツの皮はそのまま果肉だけを搾り、ヤシ...

前の記事

伝えていきたい日本の技 組手のトレー、コースターと箸置き

森本建具店

今月は、香川県の伝統工芸である組手細工(くでざいく)のトレーなどテーブル雑貨をご紹介します。江戸時代、高松城下では漆器づくりや繊維業が栄え...

関連記事

伝えていきたい日本の技 inoca COVER book 無料会員限定

井戸畳店

今月は、いぐさの良さを生かしてカラフルに仕立てた畳表のブックカバーをご紹介します。関西有数の観光地・南紀白浜を抱える白浜町に創業した井戸...

伝えていきたい日本の技 ボッコ靴

Kボッコ

今月は、東北や北海道で雪上作業靴として履かれてきた天然生ゴム製の長靴「ボッコ靴」をご紹介します。ボッコ靴は、大正の終わりごろから昭和の初...

伝えていきたい日本の技 2M, 38S

吉正織物工場

今月は長浜市で古くから生産されてきた浜ちりめんを用いたアパレルブランドをご紹介します。ちりめんとは、シルクを原材料とした、よりのない経糸(...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする