日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 〝家具職人を育てたい〟

家具の組み立て

伝統産業の存続目指し講座開設

大川商工会議所は4月から、家具職人を育てる講座「大川家具職人塾」を開催している。九州産業大学名誉教授の山永耕平氏が講師を務め、基本的な木工機械と手加工による家具製造技術の習得を目指して、のこぎり、カンナ、ノミの手入れや使い方、機械の使い方などを指導するもので、受講生からは「確かな技術を身に付けられる」と評判だ。同講座は、今年度は来年3月まで、毎月第2・第4の土・日曜日に開催する。

大川市は480余年の家具づくりの歴史を持つ〝家具のまち〟として知られているが、近年、安価な輸入家具や機械の発達による大量生産の家具に押され、職人の手による家具づくりを行う企業数は減少している。同事業はこうした状況に歯止めをかけ、職人の手によるものづくりを存続させることを目的に2015年から人材育成事業として毎年開催しているもの。

講座は、技術習得後、大川家具製造に関われる人を対象とし、質の高い指導を行えるよう受講生の人数を5人程度に絞っているが、例年、定員を超える応募があるという。受講生は書類審査と面接で選抜される。同所は、「伝統産業を守り、世界も視野に、付加価値のある製品をつくれる職人を育てたい」と話している。

次の記事

大阪府 大東商工会議所

大東商工会議所(大阪府)、大東市、大阪産業大学の3者は6月29日、人材確保、育成および定着などに関する連携協定を締結した。市内企業の人材不足などの課題に対応するため、3者…

前の記事

岐阜県 岐阜商工会議所

岐阜商工会議所が事務局を務める鮎菓子たべよー博実行委員会は6月3日、同所で「鮎菓子たべよー博2018」を開催した。鮎菓子は「長良川鵜飼(うかい)」で知られる岐阜の郷土菓子で…

関連記事

埼玉県 川越商工会議所

川越商工会議所(埼玉県)は、飲食店の新型コロナウイルス感染症対策などが一目で分かるピクトグラムステッカーを作成し、川越市内の事業所に配布した。店の入り口などに貼ること…

三重県 尾鷲商工会議所

尾鷲商工会議所(三重県)などは、海ぶどうを尾鷲市の新たな特産品とすべく、同市の県水産研究所で栽培実験に取り組んでいる。本事業は、中部電力尾鷲三田火力発電所の跡地を活用…

愛知県 犬山商工会議所

犬山商工会議所(愛知県)は7月31日、犬山地域に残る桃太郎伝説を観光資源として再活用するための策を練る「犬山地域桃太郎伝説に基づく地域ストーリー策定・検証事業推進委員会…