日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「猛暑で悪影響」43% 建設・運輸などは6割超

【表1】7月の猛暑の影響

福井商工会議所は8月1~8日、7月の記録的猛暑が会員事業所に与えた影響を把握するためアンケート調査を実施、307社から回答を得てこのほど調査結果をまとめた。

「7月の猛暑が経営に影響を与えたか」との質問では「良い影響あり」3・9%、「悪い影響あり」43・0%、「良い・悪い両方」7・2%と、何らかの影響があったとの回答が54・1%だった。業種別に見ると建設・飲食・宿泊・運輸倉庫業で6割超の企業が「悪い影響あり」と回答。良い影響としては季節商品や飲料の売り上げ増(小売業)など、悪い影響は社員の欠勤や生産性低下、電気料金などのコスト増(全業種)が挙げられた。

「売り上げへの影響」は全体的には少なかった(「変化なし」が80・8%)が、「コストへの影響」は、「コストアップ」が全体的に28・1%、特に宿泊業(100・0%)、飲食業(50・0%)では多かった。「作業員の作業効率への影響」は、建設業(71・1%)や運輸倉庫業(100・0%)が大きな影響を受ける一方、情報通信業では全ての事業所が影響なしと回答した。「猛暑への対策」は、「水分・塩分補給品の支給」が42・3%でトップだが、「特に何もしていない」27・2%で次点。「営業(就業)時間の短縮」「臨時的な休日の追加」などに取り組んだ事業所は少なかった。建設業では、空調服を導入し熱中症対策を取る企業もあった。

「希望する支援策」は、猛暑対策の費用負担を軽減する「助成金の創設」が最多。暑さ対策商品の展示会やセミナーを望む声も多かった。同所は「業種により大分影響は異なる。商品展示会、セミナーなどは今後検討したい」と話している。

次の記事

大阪府 北大阪商工会議所

北大阪商工会議所が事務局を務める枚方(ひらかた)・交野(かたの)天の川ツーリズム推進協議会は9月6日、天野川流域に自生するセイタカヨシを粉末状に加工した「天野川セイタカヨ…

前の記事

奈良県 生駒商工会議所

生駒商工会議所(奈良県)が昨年度から実施している「チャレンジ商品事業」に参加する今年度の6事業所が決定し、9月から年末にかけて同所直営アンテナショップ「おちやせん」で販…

関連記事

群馬県 館林商工会議所

館林商工会議所(群馬県)は9月15日~11月15日、「コロナに負けるな!館林グルメ総選挙」を開催する。例年は「暑いまち」を逆手に取り「激辛・激甘・激冷グルメ総選挙」を実施し…

岐阜県 多治見商工会議所

多治見商工会議所(岐阜県)などは、「多治見の魅力を引き出した新しいアイデアで未来へ繋ごう!」をコンセプトに「たじみビジネスプランコンテスト(TAJICON)」を開催する。これ…

秋田県 湯沢商工会議所青年部

湯沢商工会議所青年部(秋田県、湯沢YEG)は8月7日、同所駐車場で「ゆざわの夏祭り」を開催した。湯沢市では毎年8月、浮世絵や美人画が描かれた大小数百の絵どうろうがまちを彩る…