セレクト地域短信 セイタカヨシをグルメに 合同試食会に21品登場

試作品の一例。パンやおはぎなど

北大阪商工会議所が事務局を務める枚方(ひらかた)・交野(かたの)天の川ツーリズム推進協議会は9月6日、天野川流域に自生するセイタカヨシを粉末状に加工した「天野川セイタカヨシ」を使った食品の試食会を枚方市内で開催した。試作品は、「鮎豆寿司」やそば、ギョーザ、パン類、おはぎ、クッキーなどバラエティーに富んだ21品。訪れた報道関係者らも参加し、同協議会委員と共にこれらの試作品を一つ一つ吟味した。

セイタカヨシは、枚方市・交野市の観光資源でもある天野川流域に自生する冬でも枯れない南方系ヨシ。食用として活用する例は見られないそうだが、他地域では類似のヨシを紙やうどんに加工した例があることから、同協議会はセイタカヨシを加工食品として活用できないかと昨年約1年かけて調査した。

その結果、天野川流域のセイタカヨシには鉄分やビタミンC、葉酸などの栄養素が含まれることや、粉末状に加工すれば食品に活用できることなどが分かり、特産品としての活用を決定。この粉末を「天野川セイタカヨシ」と名付け、商品開発を行う事業者を募った。これに地元の菓子店、飲食店など13社が参加し、試行錯誤の末に試作品を完成、今回の試食会に至った。

試食会は好評で、中には販売可能なレベルの試作品もあり、セイタカヨシ活用の可能性に期待が高まったという。実際、試作品のうち和食ダイニングあご屋のそばは10月からメニュー化、マカロン(ゴリール)、アメ(アトリエMay)など販売開始されたものも出てきた。不定期で販売するという店もあり、商品化は広がりそうだ。

同協議会は、枚方・交野の地域資源を生かした地域活性化を目的に2016年に産官学連携で設立。天野川沿いの七夕や星にちなんだ名所を活用して地域ブランドの発信・定着を図っており、同加工食品の普及にも意欲的だ。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 「おみせ相談所」開設 店の課題に専門家が助言

青森県 黒石商工会議所

黒石商工会議所(青森県)は、黒石市や市内NPO法人などの協力の下、市内の製造・販売事業者の商品開発・販売促進を支援する「黒石おみせプロジェクト...

前の記事

セレクト地域短信 「猛暑で悪影響」43% 建設・運輸などは6割超

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は8月1~8日、7月の記録的猛暑が会員事業所に与えた影響を把握するためアンケート調査を実施、307社から回答を得てこのほど調査結果...

関連記事

セレクト地域短信 初のオンライン商談会 DX推進へ30社出展

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会

佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県産業スマート化センターなどはこのほど、生産性向上とDX推進につ...

セレクト地域短信 4金融機関と協定締結 企業の海外販売を支援

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月26日、地元の4金融機関(福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、福井信用金庫)と共に「CROSS BORDER SABAE(CBS)地域金...

セレクト地域短信 タウン情報誌「城陽日和」を発行

京都府 城陽商工会議所

城陽商工会議所(京都府)はこのほど、タウン情報誌「城陽日和」(2021年秋特別号)を発行した。同冊子は、城陽市の商業を活性化させるため毎年春...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする