日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 セイタカヨシをグルメに 合同試食会に21品登場

試作品の一例。パンやおはぎなど

北大阪商工会議所が事務局を務める枚方(ひらかた)・交野(かたの)天の川ツーリズム推進協議会は9月6日、天野川流域に自生するセイタカヨシを粉末状に加工した「天野川セイタカヨシ」を使った食品の試食会を枚方市内で開催した。試作品は、「鮎豆寿司」やそば、ギョーザ、パン類、おはぎ、クッキーなどバラエティーに富んだ21品。訪れた報道関係者らも参加し、同協議会委員と共にこれらの試作品を一つ一つ吟味した。

セイタカヨシは、枚方市・交野市の観光資源でもある天野川流域に自生する冬でも枯れない南方系ヨシ。食用として活用する例は見られないそうだが、他地域では類似のヨシを紙やうどんに加工した例があることから、同協議会はセイタカヨシを加工食品として活用できないかと昨年約1年かけて調査した。

その結果、天野川流域のセイタカヨシには鉄分やビタミンC、葉酸などの栄養素が含まれることや、粉末状に加工すれば食品に活用できることなどが分かり、特産品としての活用を決定。この粉末を「天野川セイタカヨシ」と名付け、商品開発を行う事業者を募った。これに地元の菓子店、飲食店など13社が参加し、試行錯誤の末に試作品を完成、今回の試食会に至った。

試食会は好評で、中には販売可能なレベルの試作品もあり、セイタカヨシ活用の可能性に期待が高まったという。実際、試作品のうち和食ダイニングあご屋のそばは10月からメニュー化、マカロン(ゴリール)、アメ(アトリエMay)など販売開始されたものも出てきた。不定期で販売するという店もあり、商品化は広がりそうだ。

同協議会は、枚方・交野の地域資源を生かした地域活性化を目的に2016年に産官学連携で設立。天野川沿いの七夕や星にちなんだ名所を活用して地域ブランドの発信・定着を図っており、同加工食品の普及にも意欲的だ。

次の記事

青森県 黒石商工会議所

黒石商工会議所(青森県)は、黒石市や市内NPO法人などの協力の下、市内の製造・販売事業者の商品開発・販売促進を支援する「黒石おみせプロジェクト」に取り組んでいる。その一…

前の記事

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は8月1~8日、7月の記録的猛暑が会員事業所に与えた影響を把握するためアンケート調査を実施、307社から回答を得てこのほど調査結果をまとめた。「7月の猛暑が経…

関連記事

埼玉県 川越商工会議所

川越商工会議所(埼玉県)は、飲食店の新型コロナウイルス感染症対策などが一目で分かるピクトグラムステッカーを作成し、川越市内の事業所に配布した。店の入り口などに貼ること…

三重県 尾鷲商工会議所

尾鷲商工会議所(三重県)などは、海ぶどうを尾鷲市の新たな特産品とすべく、同市の県水産研究所で栽培実験に取り組んでいる。本事業は、中部電力尾鷲三田火力発電所の跡地を活用…

愛知県 犬山商工会議所

犬山商工会議所(愛知県)は7月31日、犬山地域に残る桃太郎伝説を観光資源として再活用するための策を練る「犬山地域桃太郎伝説に基づく地域ストーリー策定・検証事業推進委員会…