日商 Assist Biz

更新

JNTO 訪日外客数 前年同月比 5年8カ月ぶりの減少

訪日外客数の推移

日本政府観光局(JNTO)はこのほど、2018年9月の訪日外客数が、台風21号や北海道胆振東部地震の影響により、前年同月比5・3%減の216万人となったことを発表した。訪日外客数が前年同月を下回ったのは、13年1月以来、5年8カ月ぶりとなる。18年1~9月の累計は、前年同期比10・7%増の2346万人9千人に達した。

JNTOでは、「台風21号の影響による関西国際空港の閉鎖や北海道胆振東部地震の影響による新千歳空港の閉鎖などにより、航空便の欠航や旅行のキャンセルが発生した。訪日外客数の約7割を占める東アジア市場においては、関西、北海道への訪問者も多く、これにより東アジア市場から両地域への訪日需要が停滞したことが、訪日外客数全体が前年同月を下回る一因となった」と分析している。一方で、東南アジア市場および英国を除く欧米豪市場については、両空港への航空便に欠航などはあったものの、訪日者数は増加傾向を維持した。

国・地域別では、15カ国(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で9月として過去最高を記録した。

観光庁の田端浩長官は記者会見で、「10月については、まだ数字が把握できていないところであるが、JNTOの現地事務所のヒアリングによると、東アジアの一部市場では自然災害の影響は、10月も残る可能性があると聞いている。20年4000万人の目標に向けて、今以降もしっかりとプロモーションなど需要回復に努め、あらゆる施策を講じていきたい」とコメントした。

詳細は、https://www.jnto.go.jp/jpn/news/index.htmlを参照。