日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 感動体験で誘客 観光資源価値高める

浦添の歴史的スポット巡り

浦添商工会議所(沖縄県)は11月1日から12月9日までの39日間、浦添市の歴史に裏打ちされた魅力満載の体験プログラムイベント「りっか! 浦添」を開催した。日本商工会議所の補助事業である平成30年度地域力活用新事業「全国展開プロジェクト」に採択された「りっかりっか! プロジェクト」の一環で、島をよく知る小規模事業者が中心となり、特別な体験の提供と案内人として「浦添ファン」を獲得しようとする試みだ。

琉球王国発祥の地・浦添市の奥深い歴史を伝えるため、同所が小規模事業者と協力してスタートさせた同イベント。地域資源を活用した取り組みとして、文化、自然、工芸、学、食、歩、美の7分野で充実のプログラムが組まれた。参加したのは市内の飲食店や工芸品店など34事業者。浦添の夜景が楽しめる「ナイトクルージング」や、組踊役者が解説する「沖縄の芸能・組踊鑑賞」など、37のプログラムが用意され、初めての試みながら「浦添ファンを増やしたい」という地域事業者の思いが一つになって、数々の感動体験を実現・サポートした。

結果として、地元の新規客だけでなく、口コミによって海外からも参加者が訪れたほか、この体験がきっかけで、店舗のメンバーズ会員となる人もいた。参加者からは「毎年開催してほしい」という声が多数寄せられ、1人で複数の体験をした例もあった。事業者も「観光や経済に直接アプローチできる手応えを感じた」という。同所担当者は「ディープな浦添を知ることができる機会を提供できた。継続することで地域への誇りを醸成したい」とさらなる発展に期待を込めた。観光体験イベントにも注力しながら、現在は、特産の「島桑」を使った食品や、かつて市民に愛された泡盛の復活を目指すなど、特産品開発も進めている。来年度以降、全国へのアピールを加速させる計画だ。

次の記事

福島県 須賀川商工会議所青年部

須賀川商工会議所青年部(福島県・須賀川YEG)では、約400年続く地域伝統の火祭り「松明あかし」開催に伴う事前PRとしてのぼり旗を設置した。11月10日の当日は、1本の長さ10メー…

前の記事

京都府 京都商工会議所

京都商工会議所では「きものの日」の11月15日、職員らが着物を着て業務に従事し、その様子を撮影してSNSに投稿するなど、着物をアピールした。「きものの日」は、全日本きもの…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…