日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 世界貿易投資報告2018年版

世界貿易投資報告2018年版

日本貿易振興機構 編

本書は、世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資動向を豊富なデータを用いて解説。「第1部総論編」は、急速に進む「デジタル化」をキーワードに、「貿易」「直接投資」「通商ルール」それぞれの切り口からの注目点を各章でまとめている。第Ⅰ章で「世界と日本の貿易」、第Ⅱ章で「世界と日本の直接投資」について、最新データを踏まえて分析。第Ⅲ章「世界の通商ルール形成の動向」では、FTAを中心とした通商政策の最新動向などを概説している。「第2部国・地域別編」は、60カ国・地域の経済、貿易・投資動向について、現地統計を基に分析している。

(A4判/462頁/3132円(税込み)/日本貿易振興機構)

次の記事

藤井正隆

無名の小さな会社の中にこそ、優れた経営者がいる。そこには、自らを鼓舞し、困難を乗り越える、力強い「言葉」がある。「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」受賞企業をはじ…

前の記事

藤原敬三

本書は、東京都中小企業再生支援協議会統括責任者などを務めてきた中小企業再生のスペシャリストである著者が、中小企業の再生に必要な事項や再生支援の流れなどを説明している…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…