おすすめ書籍 世界貿易投資報告2018年版

世界貿易投資報告2018年版

日本貿易振興機構 編

本書は、世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資動向を豊富なデータを用いて解説。「第1部総論編」は、急速に進む「デジタル化」をキーワードに、「貿易」「直接投資」「通商ルール」それぞれの切り口からの注目点を各章でまとめている。第Ⅰ章で「世界と日本の貿易」、第Ⅱ章で「世界と日本の直接投資」について、最新データを踏まえて分析。第Ⅲ章「世界の通商ルール形成の動向」では、FTAを中心とした通商政策の最新動向などを概説している。「第2部国・地域別編」は、60カ国・地域の経済、貿易・投資動向について、現地統計を基に分析している。

(A4判/462頁/3132円(税込み)/日本貿易振興機構)

次の記事

おすすめ書籍 「いい会社」をつくった名経営者の言葉

藤井正隆

無名の小さな会社の中にこそ、優れた経営者がいる。そこには、自らを鼓舞し、困難を乗り越える、力強い「言葉」がある。「日本でいちばん大切にし...

前の記事

おすすめ書籍 会社は生き返る カリスマドクターによる中小企業再生の記録

藤原敬三

本書は、東京都中小企業再生支援協議会統括責任者などを務めてきた中小企業再生のスペシャリストである著者が、中小企業の再生に必要な事項や再生...

関連記事

おすすめ書籍 実践! 下請法 ~セミナー・出前講義でも使用中~ 2021年8月改訂版

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会がセミナーや企業への出前講義で使用するテキストの改訂版。下請法などの関係法令や標準基本契約書、下請法...

おすすめ書籍 よけいなひと言を好かれるセリフに変える 働く人のための言いかえ図鑑

大野萌子

仕事の人間関係は、その「ひと言」でがらりと変わる―。2万人にコミュニケーション指導をしてきたカウンセラーの著者が、「言い方」で損をしない言...

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...