日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 “ゴールド”の価値に匹敵する味わい「生からすみ」

生からすみ(80g)1瓶 1944円(税込) 賞味期限は製造日より3カ月(冷蔵にて保存) ※2瓶化粧箱入り、3瓶化粧箱入りもあり

自他ともに認める魚卵好きの私に、食べさせたいものがあると友人からの誘い。どうぞと運ばれてきたのは、炊きたてのごはんの上にフワリと盛られた魚卵。そのゴールドのみずみずしい色と繊細な粒に目を奪われた。「生(なま)からすみ」だと言う。

からすみといえば、ボラの卵の塩干しで、言わずと知れた高級珍味。正月や茶懐石の場で薄く切った一切れ、二切れをいただくのが常だったが、生のからすみがあるとは驚いた。これは、塩干しのからすみとして商品化できない破れたボラの卵を、何とか別の商品にしたいと、松庫(まつくら)商店の三代目・上野初太郎が考案したもの。程よい塩気とツブツブした食感、そして磯を凝縮したような香りがたまらない。ねっとりしたうま味がある干しからすみとは対極的に、あっさりしていながら濃厚な食味がある。キャビア、タラコ、シシャモ子とも違う、生からすみ唯一のものだ。ボラは、世界一の品質として認められるオーストラリア東海岸産を使用。ご飯によく合うが、そのまま酒のさかなとして食べるのが最高だ。今では大変な人気商品となり、干しからすみ用の卵も使わないと生産量が追いつかないという。まさに魚卵界のゴールドクラス! ぜひ、お試しを。

Data

社名:有限会社松庫商店(まつくらしょうてん)

所在地:長崎県長崎市桜馬場2-4-15

電話:095-825-6020

HP:http://www.matukura.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

長野県 松本市

毎年1月初旬に開催される「松本あめ市」。江戸時代前期から続くといわれ、ふく飴や市内各店の名物あめ、縁起物などを販売するだけでなく、時代行列なども行われ、松本の新春の…

前の記事

和歌山県 和歌山市

「小鯛寿司」は古くから食べられている和歌山県の郷土寿司で、同県を代表する名物土産の一つ。コダイの尾を付けたまま握った形が、ふくら雀のように見えることから、別名「雀寿…

関連記事

宮崎県 都城市

九州を旅していると、いろんな場面でかしわめしに出合う。町の弁当店、コンビニはもちろん喫茶店のメニューや駅弁売店にもかしわめしが並ぶ。かしわめしは間違いなく九州を代表…

滋賀県 草津市

JR草津駅から徒歩15分、東海道(国道1号)の交差点にそびえる大きな「うばがもち」の看板。遠くからでも目を引き、吸い込まれるように立ち寄ってしまう。草津名物、いや滋賀県…

東京都 文京区

朝は卵かけご飯にのせて、昼はたっぷり挟んでサンドイッチに、夜は野菜と一緒にサッとソテーして。私、こんなにコンビーフが好きだったかしら?「千駄木腰塚」のコンビーフに出…