もらってうれしい大人の手土産 “ゴールド”の価値に匹敵する味わい「生からすみ」

生からすみ(80g)1瓶 1944円(税込) 賞味期限は製造日より3カ月(冷蔵にて保存) ※2瓶化粧箱入り、3瓶化粧箱入りもあり

自他ともに認める魚卵好きの私に、食べさせたいものがあると友人からの誘い。どうぞと運ばれてきたのは、炊きたてのごはんの上にフワリと盛られた魚卵。そのゴールドのみずみずしい色と繊細な粒に目を奪われた。「生(なま)からすみ」だと言う。

からすみといえば、ボラの卵の塩干しで、言わずと知れた高級珍味。正月や茶懐石の場で薄く切った一切れ、二切れをいただくのが常だったが、生のからすみがあるとは驚いた。これは、塩干しのからすみとして商品化できない破れたボラの卵を、何とか別の商品にしたいと、松庫(まつくら)商店の三代目・上野初太郎が考案したもの。程よい塩気とツブツブした食感、そして磯を凝縮したような香りがたまらない。ねっとりしたうま味がある干しからすみとは対極的に、あっさりしていながら濃厚な食味がある。キャビア、タラコ、シシャモ子とも違う、生からすみ唯一のものだ。ボラは、世界一の品質として認められるオーストラリア東海岸産を使用。ご飯によく合うが、そのまま酒のさかなとして食べるのが最高だ。今では大変な人気商品となり、干しからすみ用の卵も使わないと生産量が追いつかないという。まさに魚卵界のゴールドクラス! ぜひ、お試しを。

Data

社名:有限会社松庫商店(まつくらしょうてん)

所在地:長崎県長崎市桜馬場2-4-15

電話:095-825-6020

HP:http://www.matukura.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

もらってうれしい大人の手土産 筒状の管が織り成す食感に感動「あめせんべい」

長野県 松本市

毎年1月初旬に開催される「松本あめ市」。江戸時代前期から続くといわれ、ふく飴や市内各店の名物あめ、縁起物などを販売するだけでなく、時代行列...

前の記事

もらってうれしい大人の手土産 早潮にもまれ身が締まったコダイを丸ごと味わう「和歌山水了軒の小鯛寿司」

和歌山県 和歌山市

「小鯛寿司」は古くから食べられている和歌山県の郷土寿司で、同県を代表する名物土産の一つ。コダイの尾を付けたまま握った形が、ふくら雀のよう...

関連記事

もらってうれしい大人の手土産 愛媛みかんをまるごと一つ果汁が弾ける名物大福 「まるごとみかん大福」

愛媛県 今治市

なだらかな山の斜面にミカン畑が広がる秋冬の南予は、日本の美しい風景の一つ。陽光を浴びてキラキラ光るミカンはみずみずしく、いつまで眺めてい...

もらってうれしい大人の手土産 熟成、無添加のうま味に感動 村上伝統の味に舌鼓を打つ 「鮭の酒びたし」

新潟県 村上市

越後村上は新潟県最北の市で旧村上藩の城下町。今でも市内に武家屋敷や商人町の面影を色濃く残し、城下町風情豊かなまち並みが広がっている。村上...

もらってうれしい大人の手土産 気が向いたらポイと口に放り込む 純粋な甘さの黒糖をどうぞ 「地釜炊き純黒糖」

沖縄県 浦添市

疲れた時には、一かけらの黒糖をなめるとスーッと体も心もほぐれてくるから、あら不思議。仲宗根黒糖の「地釜炊き純黒糖」は私にとって薬やサプリ...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする