日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 早潮にもまれ身が締まったコダイを丸ごと味わう「和歌山水了軒の小鯛寿司」

小鯛寿司(5個入り)2250円(税込) 受注生産 賞味期限は製造日の2日後(涼しい場所にて保管) ※6個入り、10個入りもあり

「小鯛寿司」は古くから食べられている和歌山県の郷土寿司で、同県を代表する名物土産の一つ。コダイの尾を付けたまま握った形が、ふくら雀のように見えることから、別名「雀寿司」ともいう。地元で“チャリコ”と呼ばれる紀淡海峡のコダイを、丸ごと秘伝の合わせ酢で締めて握った。艶のある白い皮にほんのり紅色が差す身は、上品で美しく、高級和菓子のようにも見える。

寿司は八角形の容器に放射状に並べてあり、中心には五匹の尾が花びらのように重なり合っている。塩味を利かせてコダイの甘みを引き立てる昔ながらの調理法。しょうゆは付いておらず、そのまま食べる。コダイ本来の味を知ってほしいという熱い思いが伝わってくる。

ふわりと柔らかく握ったシャリと、しなるような歯応えが特徴のコダイとのハーモニーが絶妙だ。下に敷いた笹葉の香りもほのかに感じられる。確かに、調味料など邪魔になるほど完成した味である。

食べ応えたっぷりの小鯛寿司だが、コダイを三枚におろした「小鯛雀寿司」もあり、駅弁でも大人気。こちらは1898(明治31)年から販売する超ロングセラー商品。食べ比べてみるのも楽しい。

Data

社名:株式会社和歌山水了軒(わかやますいりょうけん)

所在地:和歌山県和歌山市太田1-14-6

電話:073-475-6150

HP:http://www.w-suiryoken.co.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

長崎県 長崎市

自他ともに認める魚卵好きの私に、食べさせたいものがあると友人からの誘い。どうぞと運ばれてきたのは、炊きたてのごはんの上にフワリと盛られた魚卵。そのゴールドのみずみず…

前の記事

群馬県 前橋市

上州名物といえば“かかあ天下と空(から)っ風”だが、私にとっては、大好きな大前田英五郎や国定忠治を生んだ“渡世人たちの故郷”のイメージが強い。初めて「旅がらす」を手に取っ…

関連記事

東京都 文京区

朝は卵かけご飯にのせて、昼はたっぷり挟んでサンドイッチに、夜は野菜と一緒にサッとソテーして。私、こんなにコンビーフが好きだったかしら?「千駄木腰塚」のコンビーフに出…

青森県 黒石市

なんと素敵でおいしいコーンスープ! 正確には「嶽(だけ)きみスープ」、初めて出合ったコーンスープだ。嶽きみとは岩木山南麓の嶽高原で栽培されるトウモロコシ。津軽ならでは…

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…