日商 Assist Biz

更新

月刊石垣2019年11月号

日本商工会議所青年部(日本YEG)政策提言委員会は2019年8月31日、福岡県朝倉市の甘木観光ホテルで、国家公務員と地域の青年経済人が意見交換する「故郷の新しい風会議in朝倉」…

有限会社高木金型製作

愛知県安城市に本社を置く高木金型設計は、自動車関連プラスチックの金型の設計・製作、メンテナンスなどを手掛けている。設立当初、金型業界の「丼勘定」に驚き、金型工程管理…

一般社団法人ベンチャー型事業承継/株式会社大谷/株式会社西村プレシジョン/株式会社山本食品

親族による事業承継の割合が下がり続けている。しかし、家業の強みや伝統を誰よりも知っている親族が事業を承継するメリットは計り知れない。とはいえ、承継後の家業をさらに発…

元宝塚歌劇団星組トップスター/女優

元宝塚歌劇団星組男役トップスターの鳳蘭さんは『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』を大ヒットさせ、普及に貢献した功労者だ。退団後はミュージカルの世界に飛び込み、ミュ…

兵庫県 加古川商工会議所

加古川市は、兵庫県播磨地方の東側に位置し、東播磨の中核をなす人口約26万人の都市です。一級河川「加古川」の水の恵みを受けて発展してきました。当市の名物は、戦後間もない…

京都府 宮津商工会議所

京都府北部の丹後地方は丹後ちりめんの産地として江戸時代に発展し、ちりめんの流通拠点となった宮津港は花街が形成されるほどのにぎわいをみせていました。宮津を代表する観光…

石川県 輪島商工会議所

6月に行われたG20大阪サミット。その晩餐(ばんさん)会の乾杯の杯に、石川県輪島市・藤八屋(とうはちや)の引盃(輪島塗本朱)が使用された。サミット初日の28日夜、大阪迎賓館で…

三重県 桑名商工会議所

全国各地のタウン誌やフリーペーパーを誌面クオリティーや読者の支持など多彩な視点から審査し、高い評価を得た媒体を表彰する「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2018」で、三…

岡山県 備前商工会議所女性会

備前商工会議所女性会はこのほど、岡山県PR活動の一助として、備前焼のぐい呑を収納して持ち歩ける「ぐい呑ポーチ」を製作した。同女性会はこれまでも特産品づくりを研究、推進…

岐阜県 岐阜商工会議所女性会

岐阜商工会議所女性会(岐阜女性会)は、7月23日、東京商工会議所女性会(東商女性会)との懇談会・視察見学会を東京・丸の内で開催した。岐阜女性会の創立40周年記念行事の一…

岡山県 高梁商工会議所

高梁商工会議所は、高梁市のケーブルテレビ(CATV)会社・吉備ケーブルテレビと合同で、近年頻発する自然災害への地域の防災意識の向上を目的とした番組「検証・平成30年7月豪…

神奈川県 横須賀商工会議所

横須賀商工会議所は、昨年4月から取り組む「新時代の農業人育成プロジェクト」を広報するため、今年9月、「産農人」新聞を発行した。同プロジェクトは、市場分析や商品開発のセ…

株式会社カネ吉ヤマモトフーズ

日本三大和牛の一つとされる近江牛の産地である滋賀県の近江八幡市で、カネ吉山本は100年以上にわたり食肉の販売を行っている。明治26(1893)年に初代の山本竹三良が川魚料理…

北海道 根室市

北海道(本島)の東端に位置する根室市は、太平洋とオホーツク海に突き出した根室半島にある人口約2万6000人のまち。その地理的条件から6月の夏至の頃は、午前3時半過ぎには空…

小山政彦

湯の華は、温泉中の不溶性成分のことで、温泉地の土産物や入浴剤として良く売れるそうですが、温泉場では、同じ成分が澱(おり)となって配管にこびり付いて詰まるといった悩みも…

後藤康浩

日本で開催されたラグビー・ワールドカップは日本の決勝トーナメント進出などもあって、予想以上の盛り上がりを見せた。注目すべきは、海外から日本に向けられる視線の変化であ…

小宮 正江 ゴールボール

小宮 正江(こみや・まさえ)1975年5月福岡市生まれ、シーズアスリート所属。パラリンピック4大会出場のメダリスト団体競技として日本に初めてのパラリンピック金メダルをもた…

和歌山県 和歌山市

「小鯛寿司」は古くから食べられている和歌山県の郷土寿司で、同県を代表する名物土産の一つ。コダイの尾を付けたまま握った形が、ふくら雀のように見えることから、別名「雀寿…

長野県 大町商工会議所/岩手県 北上商工会議所/岩手県 久慈商工会議所/和歌山県 紀州有田商工会議所

11/12~11/18 大町(長野県)農家手づくりのフルーツジュース。畑で搾ったりんごジュースなど。大町市の果樹農家がつくった果汁100%のストレートジュースです。リンゴ、プラム、…

真壁昭夫

これまで、世界経済は異例ともいえる長い期間好調を維持してきたが、最近、不安要素が出始めている。まず、世界第2位の経済大国である中国が、成長の限界を迎えつつあるように…

  • 1
  • 2