100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 自分たちが納得した良い肉だけを顧客に提供し地域とのつながりを大事にした商売を心掛ける

カネ吉山本

滋賀県近江八幡市

本店は1階が店舗、2階と3階が直営のレストランになっている

川魚料理から牛肉販売に転換

日本三大和牛の一つとされる近江牛の産地である滋賀県の近江八幡市で、カネ吉山本は100年以上にわたり食肉の販売を行っている。明治26(1893)年に初代の山本竹三良が川魚料理店「納屋吉」を譲り受けて「カネ吉」として営業を始め、その3年後の29年冬に初めて牛肉販売を開始したのが始まりである。

「初代はその川魚店の料理人をしていましたが、店主が商売をやめることになり店を受け継ぎました。すると、知り合いから“これからは肉の時代だ”と言われ、京都に修業に出て、牛肉の扱い方や販売方法などを学びました。そして近江八幡に戻ってくると、牛肉の販売を始めたのです。ですので、牛肉の販売を始めた年を創業年にしています」と、四代目で、社長の山本俊恵さんは説明する。当時は冷蔵庫もない時代で肉の保存ができなかったため、販売は冬場だけだった。その後、夏場にも売るようになると、肉は涼しい井戸の中につるして保存した。「しかも、毎日販売していたわけではなく、入荷した肉を販売する際には、店の人が町に出て角々に立って販売する日を口上して回りました」

近江牛には400年以上の歴史があり、江戸時代には牛肉のみそ漬けが養生薬の名目で将軍家に献上されたこともあった。明治に入り、肉食が一般的になってくると、カネ吉山本でも取り扱う牛肉の量が増えていった。「そのうちに卸売りもやるようになり、北海道や東北にも販路を広げて、ドンゴロスと呼ばれる麻袋に肉をくるんで鉄道の貨車に載せて運んでいました」

年末年始は店の前に行列が

昭和初期には東京・神田に卸売りの出張所も開設し、三越本店の地下1階に直販店も開いた。そこで信用と実績を高めていき、ついには宮内省(現・宮内庁)の御用達にまでなった。しかし、戦時中は経済統制により牛肉の県外移出が禁止されたため、県外の店は引き上げざるを得なかった。「店の職人さんは戦争に取られ、経済統制で配給されたものを地元で販売することしかできなくなってしまいました。亡くなった初代の後を継いで二代目となった長男(病死)の妻・わさが、リヤカーを引っ張って配給された牛肉を受け取りに行き、それを販売するような時代でした」

戦後になり、わさの次男である卓次さんが三代目として店を継ぐと、徐々に商売も盛り返し、地元では“お肉といったらカネ吉”といわれるほどになっていった。俊恵さんが卓次さんの妻として嫁いできたのは、それからしばらくしてのことだ。「昭和39(1964)年のことですが、そのころは年末年始ともなると、お正月用のお肉を買いに来るお客さまが店の前に行列をつくるほどでした。店を開けたら夜の9時まで立ちっぱなしで、夜中にお客さまから『まだ肉が届いていない。寝ないで待っているから必ず届けてくれ』という電話がかかってきたりしたほどです」と俊恵さんは笑いながら当時を振り返る。

俊恵さんは店頭での販売や配達もする一方で、新たな商品開発も手掛けるようになった。それまではコロッケ、牛カツ、トンカツの3種類だけだったが、今では30種類以上の商品がある。現在、オリジナルレトルトカレー、ドレッシングはネット注文でも大人気である。

事業承継前に会社をスリム化

昭和54(1979)年には近江八幡駅前に新店舗(現本店)を構え、建物の2・3階では和牛や近江牛の料理を提供するレストランの営業も始めた。「大阪からコックさんを呼び、サービスも本格的なものにしましたが、当初はお客さまはそれほど多くありませんでした。ところが開店から2、3年して、料理長が霜降りの生の牛肉を使った寿司を考案して出したら、東京のテレビ番組で取り上げていただいたんです。それからはレストランにも大勢のお客さまに来ていただけるようになりました」

その後、2000年代初頭に発生したBSEや口蹄疫(こうていえき)問題の際には、大きな打撃を受けた。「それでも京都の料亭などから、カネ吉の肉なら大丈夫だからと買いにみえる方もいらっしゃいました。そういった信用は、自分たちが納得した良い肉だけをお客さまに提供することを徹底してきたことで得られたものだと思っています」と俊恵さんは断言する。

平成26(2014)年、卓次さんが会長になり、俊恵さんが四代目として社長に就任。今は長女に経営をバトンタッチするため、会社のスリム化を進行中だ。「会社というのは膨らませたり縮めたりしながらやっていくものと聞き、今がその時期だと思っています」

代が替わっても、〝おいしさは素材と食べ頃(鮮度)〟との信念は、決して変わることがない。

プロフィール

社名:株式会社カネ吉ヤマモトフーズ(かねきちやまもとふーず)

所在地:滋賀県近江八幡市鷹飼町558

電話:0748-33-3355

HP:https://www.oumigyuu.co.jp/smp/

代表者:山本俊恵 代表取締役社長

創業:明治29(1896)年

従業員:145人(パート含む)

※月刊石垣2019年11月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 代々伝わる味の基本は守りながらも顧客の好みに合わせた味に仕上げて売る

合資会社大髙園

利根川を利用した水運の中継地として古くから栄え、“小江戸”と呼ばれる古いまち並みが残る佐原(さわら)の地で、大髙園茶舗はお茶とたばこの販売を...

前の記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 一気に売り上げが上がらなくてもいい地域とのつながりを大事にして続けていく

有限会社サガ・ビネガー

農業県として知られる佐賀県の佐賀市で、サガ・ビネガーは昔ながらの製法で酢をつくり続けている。創業は天保3(1832)年で、村の世話役で庄屋だっ...

関連記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 100%受注生産で顧客の要望に全て応えグローバルニッチトップのものづくりを世界へ 無料会員限定

株式会社サイカワ

伸線機メーカーのサイカワは、新潟県沿岸部の柏崎市にある。伸線機とは金属線を引き伸ばして電線を製造する機械で、その電線は大小さまざまな機器...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 印刷業で培ってきたノウハウを生かし震災に負けない宮古の情報発信に力を注ぐ

花坂印刷工業株式会社

岩手県の三陸海岸沿いにある宮古市は、江戸時代初期の1615年には盛岡藩の藩港が築かれるなど、港を中心に発展してきた。このまちで花坂印刷工業は...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 石灰石という限られた資源を有効に使い高付加価値製品の開発と多角化で次の世代へ

古手川産業株式会社

大分県の沿岸部にある津久見市は、国内屈指の良質な石灰石を産出することで知られる。その地で古手川産業は、100年以上にわたり石灰関連の事業を行...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする