日商 Assist Biz

更新

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.32 天橋立・傘松公園

交通 京都丹後鉄道天橋立駅から路線バスにて約25分。「傘松ケーブル下」バス停下車 [写真提供]一般社団法人 京都府北部地域連携都市圏振興社

宮津節に歌われた『海の京都』の名勝・天橋立

京都府北部の丹後地方は丹後ちりめんの産地として江戸時代に発展し、ちりめんの流通拠点となった宮津港は花街が形成されるほどのにぎわいをみせていました。宮津を代表する観光地であった天橋立は、宮津の花柳界で流行した宮津節にも歌われ、港を訪れた船乗りや商人によって日本各地に広まりました。松島(宮城県)、宮島(広島県)と並ぶ日本三景として、今も日本人に愛される景勝地です。

傘松公園は、その天橋立を逆さに見る「股のぞき」で有名な、天橋立展望スポットです。海と空の上下が逆転すると、天橋立がまるで空に掛かる浮橋のように見えるといいます。

観光担当者がすすめる!わがまちの「イチ押し」

宮津商工会議所 宮垣 茉莉奈

大手川ふれあい広場にある「ガラシャ像」は必見。明智光秀の子で、宮津藩主だった細川忠興の妻が地域の繁栄を願う姿を表しています。近くには、使用できる天主堂として国内最古といわれる歴史的建造物「カトリック宮津教会」があります。

次の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.33 今治城跡

愛媛県 今治商工会議所

瀬戸内海の中でも特に小さな島が数多く点在する芸予諸島では、戦国時代、海上での戦いに長(た)けた〝海賊〟村上家が強い勢力を持っていました。村...

前の記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.31 西都原古墳群

宮崎県 西都商工会議所

3世紀から7世紀ごろ、日本列島各地で数多くの古墳がつくられました。中でも特に保存状態が良いのが、宮崎平野に点在する古墳群です。西都市にある...

関連記事

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.36 遠敷谷(おにゅうだに)

福井県 小浜商工会議所

日本海に臨む小浜市はかつて、豊富な海の恵みを京の都に運ぶ「鯖街道」の起点であり、日本海沿岸各地とも海と陸の道でつながる一大港湾都市でした...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.35 咸宜園

大分県 日田商工会議所

日本では、明治時代に近代教育制度が導入される以前より高い教育水準を保ってきました。これを支えていたのは各地に存在した藩校や私塾などで、武...

わがまち百景 日本遺産を巡る vol.34 北炭赤間炭鉱ズリ山

北海道 赤平商工会議所

明治時代、北海道では資源開発と北方警備のため、国策として開拓事業が進められました。豊富な石炭資源が眠っていた空知地方では炭鉱の開発が進み...