日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 何度でも食べたくなる群馬銘菓「旅がらす(ゴールド、プレミアムゴールド)」

プレミアムゴールド旅がらす30個入 2800円(税別)(上段左から時計まわりに)チョコレート、プレーン、レモン、ブルーベリー、抹茶、黒ごまの6種の味が楽しめる ※6個入、12個入、54個入もあり

上州名物といえば“かかあ天下と空(から)っ風”だが、私にとっては、大好きな大前田英五郎や国定忠治を生んだ“渡世人たちの故郷”のイメージが強い。初めて「旅がらす」を手に取ったときも、袋に描かれた刀のイラストと三度笠に見えるせんべいの形ににんまりしたものだ。

1958(昭和33)年に誕生。東京タワーと同じ61歳だ。鉱泉水入りの鉱泉せんべいにバタークリームを挟んで売り出した途端、爆発的な人気となり、発売2カ月後にはレモン、チョコレート味を追加。現在では黒ごま、抹茶、ブルーベリー味も加わり、計6種類の味が楽しめる。

くせになる味だ。サクサク系の菓子が多い昨今だが、パリパリとした食感が気持ち良い。何度かじっても爽快だ。その後で、ジワリと口の中に広がる優しいクリームの甘さ。強く主張してこないが印象に残るクリーミーさがたまらない。

「旅がらす」の名前は、日本神話の神武天皇東征の際、熊野を道案内した伝説の“八咫烏(やたがらす)”にちなんだものとか。食べれば霊験あらたか間違いなし。社長の糸井義一さんは、群馬県警刑事部長を務めあげた異色の経歴の持ち主。「旅がらすの良い進化を求めて奮闘中!」だ。

Data

社名:株式会社旅がらす本舗清月堂(たびがらすほんぽせいげつどう)

所在地:群馬県前橋市新堀町399-6

電話:027-265-5111

HP:http://www.seigetsudo.co.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

和歌山県 和歌山市

「小鯛寿司」は古くから食べられている和歌山県の郷土寿司で、同県を代表する名物土産の一つ。コダイの尾を付けたまま握った形が、ふくら雀のように見えることから、別名「雀寿…

前の記事

奈良県 奈良市

ウナギやアナゴのお重に欠かせない奈良漬。見た目は地味だが、その歴史は今から1300年前の奈良時代に始まる。上品な酒粕の風味とウリの食感とのコラボは一度食べたら忘れられな…

関連記事

宮崎県 都城市

九州を旅していると、いろんな場面でかしわめしに出合う。町の弁当店、コンビニはもちろん喫茶店のメニューや駅弁売店にもかしわめしが並ぶ。かしわめしは間違いなく九州を代表…

滋賀県 草津市

JR草津駅から徒歩15分、東海道(国道1号)の交差点にそびえる大きな「うばがもち」の看板。遠くからでも目を引き、吸い込まれるように立ち寄ってしまう。草津名物、いや滋賀県…

東京都 文京区

朝は卵かけご飯にのせて、昼はたっぷり挟んでサンドイッチに、夜は野菜と一緒にサッとソテーして。私、こんなにコンビーフが好きだったかしら?「千駄木腰塚」のコンビーフに出…