日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 伝統を生かした新しい奈良漬 「べっぴん奈良漬」

べっぴん奈良漬(110g)3種(手前左から)和風らー油756円、激辛みそ1080円、塩だれ756円 ※いずれも税込価格 賞味期限は製造日より4カ月(直射日光、高温多湿を避けて冷暗所にて保存)

ウナギやアナゴのお重に欠かせない奈良漬。見た目は地味だが、その歴史は今から1300年前の奈良時代に始まる。上品な酒粕の風味とウリの食感とのコラボは一度食べたら忘れられない味で、存在感が強い。残念ながら現代人の味の好みとは少し違い、苦手な人も少なくないようだが、そんな人にこそ食べてほしい新しい奈良漬が「べっぴん奈良漬」だ。

従来の奈良漬と違うところは、食べやすいように奈良漬を刻み、和洋さまざまな薬味と合わせていること。例えば「和風らー油」は、店のオリジナルらー油に奈良漬を漬け込んだもの。ゴマ油の香りと甘口の奈良漬のコラボは、ごはんを何杯でもおかわりしたくなる。「激辛みそ」は10種類の唐辛子を独自にブレンドし、奈良漬と合わせたオリジナルな味。

「漬たる」シリーズは奈良漬入りのタルタルソース。意外に思えるが、クリーミーで濃厚な味わいの中に奈良漬の甘味、塩味、酒粕の香りが混ざって実に新鮮! 魚介料理はもちろん、フライ、パスタ、サンドイッチなど各種料理に使用できて重宝だ。「子どもにこそ、食べさせたい郷土料理を目指しています」とは、代表の五十嵐裕希さん。給食にも、ぜひ取り入れてほしい一品だ。

Data

社名:べっぴん奈良漬(べっぴんならづけ)

所在地:奈良県奈良市藤ノ木台1丁目2-17

電話:0742-41-8153

HP:https://www.beppin-naraduke.com/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

群馬県 前橋市

上州名物といえば“かかあ天下と空(から)っ風”だが、私にとっては、大好きな大前田英五郎や国定忠治を生んだ“渡世人たちの故郷”のイメージが強い。初めて「旅がらす」を手に取っ…

前の記事

高知県 四万十市

「ご飯の友」の定番の一つ、のりの佃煮。津々浦々いろいろな味があるが、ベタっと甘いのは好みではない。磯の香り、深いコク、舌触り、毎日食べても飽きないうまさ! それらを…

関連記事

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…

大阪府 堺市

大阪府堺市に住む親戚が、わが家にいつも土産に持ってきた餅菓子。それはそれはおいしくて、いつも母と取り合いになったのを覚えている。やわらかく、つるっとした餅(白玉)に…

徳島県 徳島市

和三盆とは江戸時代から変わらない素材と製法、技術で手づくりされる高級砂糖で、主に四国東部で生産されている。サトウキビ100%を使った阿波和三盆糖はベタつかない口溶けの…