日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ローカル鉄道に活気 「利き酒列車」で利用促進

列車内には日本酒好きが集結

ひたちなか商工会議所(茨城県)は2018年12月1日、ひたちなか海浜鉄道の利用促進と会員間の親睦を目的としたイベント「利き酒列車」を開催した。

17年に続き2度目になる今回は、32人が参加。1車両を貸し切り、午後6時半に勝田駅を出発した列車が阿字ヶ浦駅で折り返して戻るまでの約2時間、ひたちなか産の地酒をじっくりと味わった。行きの車内で酒類販売店「和飲風土」の石川社長から利き酒大会で使用する薫酒、熟酒、爽酒、醇酒の4タイプの地酒について解説を聞いた後、一斉に利き酒に挑戦。参加者は悩みながらも風味や色などを参考に飲み比べ、真剣な面持ちで解答用紙に記入した。全問正解者6人には、特別に用意された認定証が贈られ、車内は盛り上がりを見せた。

第三セクター方式の鉄道事業にひたちなか市全体が期待する中、同所企画のイベントに参加者からは「また来年も開催してほしい」と歓迎の声が多数寄せられた。鉄道の利活用に好感触を得た担当者は、今後の事業展開につなげていきたいと話している。

次の記事

佐賀県 鳥栖商工会議所

鳥栖商工会議所(佐賀県)は2018年12月、市内の事業者を紹介する地域情報冊子「まるごと鳥栖マップ」を発行した。消費拡大を後押しする目的で、日本商工会議所の伴走型小規模事業…

前の記事

島根県 平田商工会議所

平田商工会議所は創立70周年を記念し、今年度「母川回帰(ぼせんかいき)」をテーマに地域と連携した多彩な事業を実施している。同事業は、平田地域で生まれ育った若者がまちを出…

関連記事

宮崎県 宮崎県商工会議所連合会

宮崎県商工会議所連合会(会頭:米良充典宮崎商工会議所会頭)や県スポーツ協会(会長:春山豪志宮崎放送代表取締役会長)、県教育委員会(日隈俊郎教育長)など21団体・企業でつくる…

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…