日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 地元高校と連携協定

高校生がポスターセッション形式で研究発表

若者を育む地域づくりを目指す

平田商工会議所は創立70周年を記念し、今年度「母川回帰(ぼせんかいき)」をテーマに地域と連携した多彩な事業を実施している。同事業は、平田地域で生まれ育った若者がまちを出ても将来ここに戻りたいと思える魅力あるまちづくりを目指すもの。その一環として高校生のアイデアを生かそうと、地元の島根県立平田高校と連携協定を締結した。

昨年11月9日には同校で、2年生による地域活性化に関する研究発表会を開催。生徒らはポスターセッション形式で集まった市民らに研究成果を発表した。その後、コミュニティーデザイナーの山崎亮氏が「いつか帰る君たちのために~母川回帰~」をテーマに講演。これらの模様はケーブルテレビを通じて平田地域にライブ上映された。当日夜は、記念式典および交流会を開催。同校生徒による地域活性化への研究発表・提案、内田晃市副会頭による若者応援宣言が行われ、同校坂根昌宏校長と大谷厚郎会頭との間で協定書が交わされた。

研究発表に当たり、生徒らは同所と共にフィールドワークを実施。グループに分かれ、イベント企画・運営などへの参加も通してまちづくりを検討した。また出雲市がブランド化に取り組む地元産の小豆を使ったスイーツ開発にも参加。12月8~9日には東京・日本橋の島根県のアンテナショップで生徒らが企画した菓子を販売した。高校生との連携は、協定に基づき来年度以降も継続する予定だ。

次の記事

茨城県 ひたちなか商工会議所

ひたちなか商工会議所(茨城県)は2018年12月1日、ひたちなか海浜鉄道の利用促進と会員間の親睦を目的としたイベント「利き酒列車」を開催した。17年に続き2度目になる今回は、32…

前の記事

和歌山県 田辺商工会議所

田辺商工会議所はこのほど、同所が支援する地域の地産地消活動「熊野米プロジェクト」が、農山漁村活性化の優良事例として近畿農政局「近畿ディスカバー農山漁村(むら)の宝(第…

関連記事

宮崎県 宮崎県商工会議所連合会

宮崎県商工会議所連合会(会頭:米良充典宮崎商工会議所会頭)や県スポーツ協会(会長:春山豪志宮崎放送代表取締役会長)、県教育委員会(日隈俊郎教育長)など21団体・企業でつくる…

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…