セレクト地域短信 熊野米プロジェクトが優良事例に

選定証授与式にはプロジェクト代表、たがみの田上雅人専務(前列中央右)と山田隆生指導員(同左)らが出席

近畿ディスカバー農山漁村の宝に選定

田辺商工会議所はこのほど、同所が支援する地域の地産地消活動「熊野米プロジェクト」が、農山漁村活性化の優良事例として近畿農政局「近畿ディスカバー農山漁村(むら)の宝(第2回)」に選定されたと発表した。同プロジェクトは、熊野と呼ばれる田辺市や周辺地域で生産するコメ「熊野米」で郷土料理をつくって食べようという取り組み。精米販売の老舗、株式会社たがみや地元の生産者らが中心となって推進し、2010年に国の農商工連携事業の認定を受けている。

熊野米は、「ヒカリ新世紀」という新品種のコメを梅の調味液を使って雑草の生育を抑え減農薬で栽培した、梅の産地・紀南地域ならではのコメ。もちもちとした食感と甘みが特徴だ。これを使った商品として、これまでに米粉のパン「熊野米パン」や「甘酒」などが開発されている。熊野米パンは、災害時の非常食になる缶入りの米パン。甘みのある芳醇(ほうじゅん)な味わいで長期保存が可能だ。甘酒は、たがみが和歌山大学と共同開発したもの。地域の醸造会社の協力を得て製造し、商品パッケージは学生とデザインを考えた。

昨年12月11日には京都市内の近畿農政局で選定証授与式が行われ、プロジェクトの主催者である事業者らと同所経営指導員が式典に出席。同所は、「この受賞を機に、同プロジェクトのさらなる発展を支援していく」と話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 地元高校と連携協定

島根県 平田商工会議所

平田商工会議所は創立70周年を記念し、今年度「母川回帰(ぼせんかいき)」をテーマに地域と連携した多彩な事業を実施している。同事業は、平田地域...

前の記事

セレクト地域短信 旬のサバ楽しむ38デイズ イベント通じ消費促進

青森県 八戸商工会議所

八戸商工会議所(青森県)に事務局を置く八戸前沖さばブランド推進協議会は、10月26日~12月2日の38日間を「38(サバ)デイズ」と銘打ち、八戸前沖さば...

関連記事

セレクト地域短信 まちの観光情報を集約 YEG40周年記念に

千葉県 茂原商工会議所青年部

茂原商工会議所青年部(千葉県・茂原YEG)はこのほど、創立40周年を記念して、観光・情報サイト「もばらんど」を公開した。サイトは、「来て、見て...

セレクト地域短信 渋沢ゆかりの首長会議 新札発行へ連携強化

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は4月13日、「渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定」のトップらによる「渋沢ゆかりの地 首長(くびちょう)会議~新札発行に向けて...

セレクト地域短信 古町芸妓動画が高評価 国際観光映像祭で監督賞

新潟県 新潟商工会議所

新潟商工会議所が制作した「新潟古町芸妓(ふるまちげいぎ)」のPR映像「しきさい」がこのほど、2019年から国内外の観光PR動画を対象に開催されて...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする