日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 熊野米プロジェクトが優良事例に

選定証授与式にはプロジェクト代表、たがみの田上雅人専務(前列中央右)と山田隆生指導員(同左)らが出席

近畿ディスカバー農山漁村の宝に選定

田辺商工会議所はこのほど、同所が支援する地域の地産地消活動「熊野米プロジェクト」が、農山漁村活性化の優良事例として近畿農政局「近畿ディスカバー農山漁村(むら)の宝(第2回)」に選定されたと発表した。同プロジェクトは、熊野と呼ばれる田辺市や周辺地域で生産するコメ「熊野米」で郷土料理をつくって食べようという取り組み。精米販売の老舗、株式会社たがみや地元の生産者らが中心となって推進し、2010年に国の農商工連携事業の認定を受けている。

熊野米は、「ヒカリ新世紀」という新品種のコメを梅の調味液を使って雑草の生育を抑え減農薬で栽培した、梅の産地・紀南地域ならではのコメ。もちもちとした食感と甘みが特徴だ。これを使った商品として、これまでに米粉のパン「熊野米パン」や「甘酒」などが開発されている。熊野米パンは、災害時の非常食になる缶入りの米パン。甘みのある芳醇(ほうじゅん)な味わいで長期保存が可能だ。甘酒は、たがみが和歌山大学と共同開発したもの。地域の醸造会社の協力を得て製造し、商品パッケージは学生とデザインを考えた。

昨年12月11日には京都市内の近畿農政局で選定証授与式が行われ、プロジェクトの主催者である事業者らと同所経営指導員が式典に出席。同所は、「この受賞を機に、同プロジェクトのさらなる発展を支援していく」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 地元高校と連携協定

島根県 平田商工会議所

平田商工会議所は創立70周年を記念し、今年度「母川回帰(ぼせんかいき)」をテーマに地域と連携した多彩な事業を実施している。同事業は、平田地域...

前の記事

セレクト地域短信 旬のサバ楽しむ38デイズ イベント通じ消費促進

青森県 八戸商工会議所

八戸商工会議所(青森県)に事務局を置く八戸前沖さばブランド推進協議会は、10月26日~12月2日の38日間を「38(サバ)デイズ」と銘打ち、八戸前沖さば...

関連記事

セレクト地域短信 「馬肉の日」をアピール 制定10周年イベント

山形県 長井商工会議所

長井商工会議所(山形県)は8月29日、2012年に同所が全国で初めて制定した「馬肉の日」10回目を記念して「ながい馬肉マップ第10号」をリニューアル...

セレクト地域短信 バスケ観戦で消費喚起 本拠地周辺ガイド作成

群馬県 太田商工会議所

太田商工会議所(群馬県)はこのほど、B1リーグのプロバスケットボールチーム「群馬クレインサンダーズ」の新たな活動拠点となる太田市民体育館(...

セレクト地域短信 大学、ジェトロと連携 グローバル人材育成へ

岡山県 岡山県商工会議所連合会

岡山県商工会議所連合会は8月31日、国立大学法人岡山大学、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)とグローバル人材の育成などに向けた包括連携...