日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 白河だるま

白河だるま総本舗 渡辺だるま店(福島県白河市)

ナタリー・レテ(右4点)、BEAMS(中央4点)とのコラボだるまと、ガチャガチャ用豆だるま(左2点)。すべて手描きでつくられています(撮影:加藤正博)

今月は、伝統的なだるまのイメージを覆す、かわいらしくデザインされた白河だるまをご紹介します。

白河だるまは、江戸時代、白河藩藩主・松平定信公がつくらせたのが始まりと言われ、顔に「鶴亀松竹梅」が描かれている縁起物です。約300年前から白河だるまを手掛ける渡辺だるま店では、そうした伝統的な意匠のだるまをつくる傍ら、新たなブランド「Hanjiro」を設立。セレクトショップを運営するBEAMSや、フランス人アーティストのナタリー・レテさんなどとのさまざまなコラボレートで、人気を集めています。

だるまの需要が減少していく中、「かわいくて飾りたくなるようなだるまを」と、この試みを始めたという十四代目・渡邊高章さん。体験型観光施設「だるまランド」(2021年5月オープン予定)をプロデュースするなど、新たな「だるま好き」の獲得を目指しています。

お問い合わせ

白河だるま総本舗

TEL:0248-22-7060

HP:http://hanjiro.co.jp/

※月刊石垣2020年3月号に掲載された記事です。

次の記事

歴清社

今月は、「金」の華やかさやきらめきを身近に楽しめる、金箔(きんぱく)製の“ふりかけ”をご紹介します。 今年で創業115年の歴清社は、廃刀令により前身となる刀剣商からの転換…

前の記事

アワガミファクトリー

今月は、1300年の歴史を持つ徳島県の伝統工芸品・阿波和紙を用いたアートパネルをご紹介します。阿波和紙は807年に編纂(へんさん)された古語拾遺(こごしゅうい)で既に生産され…

関連記事

三光製作

今月は、抗菌めっきを施し、富士山をモチーフにした「抗菌富士」シリーズのしおりをご紹介します。長年めっき加工会社としてさまざまなめっきを請け負ってきた三光製作は、2013…

大橋メリヤス

今月は、メリヤス編みを得意とする大橋メリヤスが展開する編物ブランド「Amiza(アミザ)」をご紹介します。奈良時代には朝廷に絹を納め、徳川家康に軍旗を献上するなど、古くか…

大曲花火倶楽部

今月は、夜空を華やかに彩る夏の風物詩、秋田県大曲の大輪の打ち上げ花火をご紹介します。「大曲の花火」は江戸時代ごろから記録が残されており、花火は地域行事や商人への接待…