日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 阿波和紙「suaika」アートパネル

アワガミファクトリー(徳島県吉野川市)

「suaika」とは墨(sumi)、藍(ai)、柿渋(kakishibu)をつなげた言葉。特に藍は徳島の名産で、藍染め和紙の美しさには定評があります(撮影:加藤正博)

今月は、1300年の歴史を持つ徳島県の伝統工芸品・阿波和紙を用いたアートパネルをご紹介します。

阿波和紙は807年に編纂(へんさん)された古語拾遺(こごしゅうい)で既に生産されていたとの記述があり、現在は吉野川市の手漉(す)き和紙として「とくしま88景」にも挙げられています。アワガミファクトリーブランドでは、伝統を守りつつ、さまざまな用途に適した和紙を研究・開発し、その可能性を広げる活動をしています。

アートパネルは、現代の暮らしに合うモダンなインテリアアイテムとして、藍染師の藤森美恵子さんと米国人デザイナーのクレイグ・アンセロウィッツさんがデザインと監修を行った、アート性の高い製品です。徳島県産の墨や藍、柿渋など自然素材を使用し、各デザインのために漉いた和紙に合わせて一点ずつ細やかな調整を行ってつくられるパネルは、和紙の新たな可能性の一つを示しています。

お問い合わせ

アワガミファクトリー

TEL:0883-42-2035

HP:http://www.awagami.or.jp/index.html

※月刊石垣2020年2月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 白河だるま

白河だるま総本舗

今月は、伝統的なだるまのイメージを覆す、かわいらしくデザインされた白河だるまをご紹介します。白河だるまは、江戸時代、白河藩藩主・松平定信...

前の記事

伝えていきたい日本の技 「伊勢型紙」と「KATAGAMI文様の宝箱」

オコシ型紙商店

今月は、きものの図柄を染めるための「伊勢型紙」と、その文様を取り入れた桐の宝箱をご紹介します。発祥は奈良時代ともいわれ、鈴鹿市で発達した...

関連記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠 無料会員限定

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...