伝えていきたい日本の技 「伊勢型紙」と「KATAGAMI文様の宝箱」

オコシ型紙商店(三重県鈴鹿市)

型紙の熟練職人たちが図案を描き、彫刻を終えるまでには、1カ月以上掛かるといいます(撮影:加藤正博)

今月は、きものの図柄を染めるための「伊勢型紙」と、その文様を取り入れた桐の宝箱をご紹介します。

発祥は奈良時代ともいわれ、鈴鹿市で発達した伊勢型紙は、日本のあらゆる文様を吸収してきました。補強した美濃和紙に職人が手彫りで文様を刻む伊勢型紙は、「影」と「日向」をデザインに落とし込み、立体感を表現する工夫がなされています。また、布地を染めるために、繰り返しができる文様となっています。

オコシ型紙商店では、数千柄に及ぶ手彫りの型紙を所持し、デザイン性の高さを武器に、和装の世界にとどまらない新たな製品づくりに挑戦しています。その一つ、「KATAGAMI文様の宝箱」は、型紙を高解像度スキャンし、桐箱にレーザー加工機で文様を転写したものです。「型紙」という固定概念にとらわれず、インテリアや建築、雑貨など、伊勢型紙はその活躍の範囲を広げています。

お問い合わせ

オコシ型紙商店(おこしかたがみしょうてん)

TEL:059-386-0229

HP:https://okoshi-katagami.com/

※月刊石垣2020年1月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 阿波和紙「suaika」アートパネル

アワガミファクトリー

今月は、1300年の歴史を持つ徳島県の伝統工芸品・阿波和紙を用いたアートパネルをご紹介します。阿波和紙は807年に編纂(へんさん)された古語拾遺(...

前の記事

伝えていきたい日本の技 漆硝子「百色 ─hyakushiki─」

丸嘉小坂漆器店

今月は、塩尻市に伝わる木曽漆器にガラスを取り入れた、華やかな漆硝子(うるしがらす)ブランド「百色(ひゃくしき)」をご紹介します。木曽漆器は室...

関連記事

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー 無料会員限定

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...