日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 地元野菜のサイダー開発

「本庄六つ野菜だー」200ml入り3本セットで1200円(税別)

農商工・産学官が連携し実現

本庄商工会議所は、本庄産の6種類の野菜が入ったご当地サイダー「本庄六つ野菜だー(むつや・さいだー)」を本庄市内のまちづくり会社シェイクハンドなどと共に開発し、昨年12月末より3本セットで販売を開始した。同市は豊かな自然環境の下、年間通して多種多様な野菜を生産していることから、6次産業化の推進と地場産業の活性化、観光振興を図ることを目的に、農商工・産学官が連携して開発を進めた。

一般的なサイダーは甘い炭酸飲料というイメージだが、同商品は一風変わった〝大人の味〟。本庄産のカリフラワー、キュウリ、ブロッコリー、トマト、ニンジン、ネギを使用し、人口甘味料などの添加物は加えていない。無色透明だが、それぞれの野菜の風味が感じられる体に優しいサイダーだ。そのまま飲むのはもちろん、焼酎やウイスキーの割材として、パンケーキの生地や煮込み料理などにも活用できる。

瓶のラベルやパッケージのイラストは、本庄高校美術部の生徒が手掛けた。そのほか製造・販売には、埼玉ひびきの農業協同組合(JA埼玉ひびきの)、本庄市観光協会、ミネラルウオーター製造会社などの協力を得た。

同サイダーは、市内のJA直売所などで販売中。1万本を生産し、「日本一、まずいかも?」などのコピーで売り出したが、発売1カ月余りで3300本が売れるなど好評だ。2020年度も継続して販売を検討している。

次の記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は、初代会頭渋沢栄一(1840‒1931)の生誕180年となる2月13日に、「渋沢ネットワークフォーラム2020」を都内のホテルで開催、役員・議員、渋沢ゆかりの約80社・…

前の記事

富山県 富山県商工会議所連合会

富山県商工会議所連合会と県内8商工会議所(富山・高岡・氷見・射水・魚津・砺波・滑川・黒部)は1月末日、県内の工場など産業観光施設および観光ルートを紹介するガイドブック…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…