日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 初代会頭 渋沢栄一の意志つなぐ宣言採択

開会のあいさつをする三村会頭

ゆかりのある企業・団体が交流

東京商工会議所は、初代会頭渋沢栄一(1840‒1931)の生誕180年となる2月13日に、「渋沢ネットワークフォーラム2020」を都内のホテルで開催、役員・議員、渋沢ゆかりの約80社・団体など約350人が集まった。

渋沢栄一は、生涯で約500企業・約600団体の設立に関わり、日本経済や社会福祉、教育の発展に貢献、「日本資本主義の父」とされる。2021年のNHK大河ドラマの主人公に決定し、24年度には新1万円札の肖像画となるため注目が集まっている。今回のイベントは、渋沢栄一にゆかりのある企業・団体が一堂に会し交流を図ることで、その思想や意志を現代につなげ、さらに広めていくことを目的としたものだ。

当日は、同所の三村明夫会頭の開会あいさつの後、渋沢栄一の玄孫(やしゃご)に当たるシブサワ・アンド・カンパニー代表取締役でコモンズ投信取締役会長の渋澤健氏が、「渋沢栄一の『論語と算盤(そろばん)』で未来を拓(ひら)く」をテーマに講演を行った。また、同所が20年に実施する渋沢関連事業を発表したほか、東商グランドホールの「東京商工会議所渋沢ホール」への改称、「東商渋沢ミュージアム」のリニューアルオープンなどを発表。最後に、渋沢栄一を始祖とする東急の会長で、同所副会頭の野本弘文氏が「渋沢栄一の意志をつなぐ活動を展開する」とした「渋沢宣言」を読み上げ、出席者の満場一致で採択された。渋沢関連事業はhttps://www.tokyo-cci.or.jp/shibusawa/を参照。

次の記事

山梨県 甲府商工会議所

甲府商工会議所や山梨県内のワイン生産者らでつくる団体「KOSHU OF JAPAN(KOJ)」は2月2~6日、英国ロンドンで、甲州ワインのPR活動を実施した。KOJは「甲州ワインを世界で認…

前の記事

埼玉県 本庄商工会議所

本庄商工会議所は、本庄産の6種類の野菜が入ったご当地サイダー「本庄六つ野菜だー(むつや・さいだー)」を本庄市内のまちづくり会社シェイクハンドなどと共に開発し、昨年12…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…