セレクト地域短信 京商ビルと歴史公開 移転前閉館行事に1500人

京都の歴史と同所の歩みをパネルで紹介

京都商工会議所は3月の移転を前に、2018年12月12~15日の4日間、同所(京商ビル)で同ビルの閉館記念イベントを開催した。期間中は、「京商ビル探訪ツアー」と題して建物内を一般公開。京都の近代化の歴史とその中心を担ってきた同所136年の軌跡を振り返るパネル展示や記念講演、「京商チャリティー掘り出し市」も行われ、会員、市民ら約1500人が訪れて名残を惜しんだ。

京商ビルは1964年に完成した同所の3代目の建物。1階ロビーの床に描かれた十二支のモザイク画や先代のビルから移築された大理石の暖炉・石柱、京都の伝統産業の粋を集めた什器や内装など見どころが多い。期間中は、歴代会頭が執務を行った会頭室や特別応接室など普段非公開の部屋を開放し、記念撮影コーナーも設置。訪れた一般客らは「伝統を感じさせる」と感嘆の声を漏らしていた。

パネル展示「明治150年京商のキセキ展」では、1882年の同所創立から現在に至るまでの歴史を中心に、京都経済の主要な出来事との関わりを枚のパネルで紹介。また、京商ビル建築当時の資料や歴代会頭についてもパネルで展示した。

最終日の15日には、「明治維新と京都」をテーマに歴史研究家で多摩大学客員教授の河合敦氏を招いて記念講演会を開催。また、同所の事務用品や記念品など200点以上を特別価格で販売する京商チャリティー掘り出し市を実施し、売上金を京都新聞社会福祉事業団の「歳末ふれあい募金」に寄託した。

京商ビルは3月1日に閉館し、同所は同月5日から京都市下京区四条室町に新たにオープンする京都経済センターで、業務を開始する。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 巨大鍋でグルメイベント 地元食材使い8000食提供

岐阜県 可児商工会議所青年部

可児商工会議所青年部(岐阜県、可児YEG)は1月20日、直径7㍍の巨大な特製鍋を使用したグルメイベントを開催した。インパクトのある地元ならではの名...

前の記事

セレクト地域短信 江戸時代の健康食を再現

大分県 竹田商工会議所

竹田商工会議所は、江戸時代中期の岡藩(現在の大分県竹田市付近)の儒者、関一楽(せきいちらく)が日常の道徳を説いた思想書「冥加訓(みょうがくん...

関連記事

セレクト地域短信 「100プロジェクト」始動 まちづくり活動を応援

石川県 七尾商工会議所

七尾商工会議所(石川県)はこのほど、能登・七尾で展開している大小さまざまなまちづくりプロジェクトを集め、紹介するウェブサイト「nanao 100 p...

セレクト地域短信 まちの観光情報を集約 YEG40周年記念に

千葉県 茂原商工会議所青年部

茂原商工会議所青年部(千葉県・茂原YEG)はこのほど、創立40周年を記念して、観光・情報サイト「もばらんど」を公開した。サイトは、「来て、見て...

セレクト地域短信 渋沢ゆかりの首長会議 新札発行へ連携強化

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は4月13日、「渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定」のトップらによる「渋沢ゆかりの地 首長(くびちょう)会議~新札発行に向けて...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする