日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 江戸時代の健康食を再現

岡藩の農民が食べていたとされる献立を再現

儒者の「道徳」に基づき観光振興

竹田商工会議所は、江戸時代中期の岡藩(現在の大分県竹田市付近)の儒者、関一楽(せきいちらく)が日常の道徳を説いた思想書「冥加訓(みょうがくん)」をテーマにした地域おこし事業に取り組んでいる。その一環として冥加訓に記された健康食「一汁一菜」を再現し、昨年11月9日、同所で試食会を開催した。

献立は、赤米や雑穀、うるち米を混ぜたご飯、五斗(ごと)みそを使ったみそ汁、干し大根や大角豆(ささげ)、塩ゆでしたナスなど当時の農民が食べていたとされるものだ。当日は冥加訓の研究者や関係者ら約20人が参加し、2017年に意訳本を出版した「冥加訓を読む会」メンバーの解説を聞きながら試食。参加者からは「塩分が少なく健康的」「質素な食事が見直されるべき」などの意見が出された。同所は今後、献立の商品化を目指す。今年2月8日にはメニュー開発のきっかけにしようと五斗みそづくりの体験学習会を開催した。

冥加訓は論語の思想を基本に編さんされたもので商工会議所の創立者渋沢栄一の「論語と算盤(そろばん)」の思想と根本的には同じだ。16年公開の映画『殿、利息でござる!』に登場して注目され、これを受けて同所は冥加訓を通した〝道徳〟をテーマに観光振興の事業化を計画、調査研究を進めてきた。今後は、絵はがきや絵本・紙芝居の制作、小・中・高校の授業や企業研修への冥加訓塾の参入、体験型ガイドコースの商品化も検討している。

次の記事

京都府 京都商工会議所

京都商工会議所は3月の移転を前に、2018年12月12~15日の4日間、同所(京商ビル)で同ビルの閉館記念イベントを開催した。期間中は、「京商ビル探訪ツアー」と題して建物内を一般…

前の記事

静岡県 富士商工会議所

富士商工会議所は昨年10月16日、ドローンを使ったプロモーション動画で富士駿河湾エリアの観光スポットを紹介するポータルサイト「NEXT FUJI」(nextfuji.com)を開設した。同…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は、同所が実施する六つの検定試験(東商検定)を2021年度からインターネット経由で行うIBT(Internet-Based Test)方式に変更する。東商検定は、ビジネスの現場…

滋賀県 長浜商工会議所

長浜商工会議所(滋賀県)は3月6日、来春卒業予定の大学生などを対象に、湖北地域(琵琶湖北部)の企業を知ってもらう合同企業説明会「ローカルジョブコレクションLOOK UP!超…

青森県 黒石商工会議所

黒石商工会議所(青森県)は、市民に雪だるまの制作を呼び掛ける「津軽くろいし みんなの雪だるま」事業の一環として雪だるまの写真コンテストを実施し、3月1日に結果を発表し…