セレクト地域短信 観光大学、第14期開講 マイスター養成順調に

歴史的建物で現地学習。講師(左)は第2期生観光マイスター取得者

鳥取商工会議所と鳥取市、鳥取市観光コンベンション協会で組織する観光戦略グランドデザイン推進協議会は、まち全体で観光客をもてなそうとホスピタリティー向上を図る目的で、「鳥取市観光大学」を毎年開校している。第14期となる今回は1月9日に開校し、タクシードライバーや旅館など観光産業従事者と一般市民ら24人が入校した。

講座は3月1日まで全9回。市内の自然や観光名所、歴史・文化から観光動向、外国人観光客への接し方まで幅広く学ぶ。講師は専門家や講座修了生が務め、観光名所など現地での学習も行う。終了時に筆記・面接試験(タクシードライバーは実地試験も)を行い、修了生は「観光マイスター」に認定される。

同大学は05年に開設、これまでに452人が観光マイスター資格を取得した。受講生からは、「新しい気付きがあった」「(観光マイスターの)現地ガイドの豊富な知識に感嘆」などと好評だ。開校式では、学長の藤縄匡伸同所会頭が「観光客に鳥取の魅力を伝えるには自身が地元の魅力を理解すること」と激励した。

17年からはマイスター資格取得者を対象としたブラッシュアップ研修も実施。今後は、学習対象エリアの拡大も検討している。

次の記事

セレクト地域短信 スポーツ実施率は約4割 ウオーキングが最多

兵庫県 神戸商工会議所

神戸商工会議所は1月9日、スポーツ産業振興の一環として神戸市内の会員企業を対象に実施した「スポーツ実施率・アクティブライフに関する実態調査...

前の記事

セレクト地域短信 30歳大同窓会に100人超 U・Iターン促進図る

静岡県 三島商工会議所

三島商工会議所(静岡県)は1月19日、三島に縁のある30歳が集まる「30歳の大同窓会」を同所TMOホールで開催し、100人を超える参加者が久々の再会を楽...

関連記事

セレクト地域短信 抗原検査センター設置 無料、予約不要で簡単に

大分県 宇佐商工会議所

宇佐商工会議所(大分県)は、宇佐市と共同で市内に無料で新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行う「うさ抗原検査センター」を5月16日から6月30...

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...