日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 スポーツ実施率は約4割 ウオーキングが最多

運動・スポーツ実施日数

神戸商工会議所は1月9日、スポーツ産業振興の一環として神戸市内の会員企業を対象に実施した「スポーツ実施率・アクティブライフに関する実態調査」の調査結果を公表した。同調査は2018年10月29日~11月16日、ウェブサイト上でアンケートを実施し、経営者、従業員など80社2365人が回答した。

調査結果によると、週1日以上運動する人の割合(スポーツ実施率)は41・8%(図1)。実施種目は「ウオーキング」が38・6%で最多、次いでトレーニング、ランニングの順となった。スポーツをする理由は「楽しみ・気晴らし」が45・5%。次いで「健康」「体力維持・増進」。一方スポーツをしない理由は「仕事が忙しい」が48・8%、次いで「仕事で体が疲れている」「お金に余裕がない」の順だった(図2)。

運動不足を感じる人の割合は81・3%、運動が「大切である」とする割合は75・4%だったものの、実際は仕事に忙しく運動していない状況が分かった。

また、1年間にスポーツ観戦をした人の割合は56・1%。「東京2020オリンピック・パラリンピック」に「関心がある」人は75・3%、19年開催の「ラグビーワールドカップ」は46・6%、21年開催の「ワールドマスターズゲームズ2021関西」は14・2%だった。

同所は、「結果を参考に、今後も職場でできる軽い運動を含めスポーツに親しむきっかけづくりや呼び掛けを行っていく」と話している。

次の記事

千葉県 君津商工会議所

君津商工会議所(千葉県)は、IT推進プロジェクトの一環として「きみつIT体操」を考案した。1月9日に行われた新春賀詞交歓会で、その第1弾をお披露目。パソコン作業で凝り固まっ…

前の記事

鳥取県 鳥取商工会議所

鳥取商工会議所と鳥取市、鳥取市観光コンベンション協会で組織する観光戦略グランドデザイン推進協議会は、まち全体で観光客をもてなそうとホスピタリティー向上を図る目的で、…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…