日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート 秘めた闘志は誰よりも熱い クールなボーダー平野歩夢

平昌五輪スノーボード・ハーフパイプ男子決勝での銀メダル獲得で笑顔の平野歩夢選手

私の生まれ故郷、新潟出身の選手だけに思わず観戦にも力が入ってしまった。平昌五輪スノーボード・ハーフパイプの平野歩夢選手だ。

新潟県村上市で育った平野選手は、小学校入学前から兄と一緒にスノーボードに熱中していた。スノーボード・メーカー「バートン」と契約したのが小学校4年生の時だというから、いかに将来を嘱望されていたかが分かるだろう。中学3年生で出場したソチ五輪(銀メダル)までは、まさに順風満帆だった。

しかし、命の危険さえあった大ケガを負ったのは、去年3月のことだった。アメリカの大会で転倒。救急搬送された病院での診断は肝臓破裂。「打ち所が悪ければ死んでいた」と担当した医師は言った。2週間に及ぶ集中治療室での安静。5月から練習を再開したものの、新たな敵は自分の中に巣食う恐怖心だった。

身長160㎝、体重50㎏。小柄な平野選手の武器は、誰も真似のできない大技の連続、その修得の中での大ケガだった。しかし、彼の本当のすごさは、そうしたアクシデントに怯(ひる)むことなく、自分自身に挑み続けたその勇気といえるだろう。

平昌では磨いてきた大技が炸裂する。「フロントサイドダブルコーク1440」からの「キャバレリアル(キャブ)ダブルコーク14」の連続(こう書いても誰も分からないか 笑)。

彼が史上初めてやった連続して4回転する究極の技だ。これにさらに連続3回転を加えて完壁に滑った。100点満点が出てもおかしくない完成度だと思った。

しかし、ここから先は運命のいたずらとしか言いようがなかった。平野選手がこの大技を決めたのは2回目の滑走。決勝は3回で争われる。ここで満点を付けると、3回目の演技に出せる点がなくなる。審判もそこを考慮したのか、平野選手の得点は95点台。ライバルのショーン・ホワイト選手がこれを上回ったのは3回目の最終滑走だった。審判も何の心配もなく点を出せる状況だった(これはやっぱり新潟出身のひいき目か)。

「あの場面で最高の演技ができる彼がすごかった」と、負けてライバルを称える平野選手を誇りに思った。「悔しさはどこかにある。それを(将来に)つなげられたらいい」。2回目の五輪も通過点。クールで寡黙、感情を表に出すこともない。それでも秘めた闘志は誰よりも熱い。大切なのは結果ではなく志だ。

※1 縦2回転横4回転するスノーボードの技。コークはコークスクリューの略。1440は回転角度 ※2 スケートボードのスティーブ・キャバレロ選手が開発者。14は1440の略

写真提供:産経新聞

あおしま・けんた スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている

次の記事

村岡桃佳

平昌パラリンピックのチェアスキーで新女王が誕生した。埼玉県深谷市出身の村岡桃佳選手だ。 開会式(3月9日)で旗手を務めた村岡選手は、翌朝から行われた「滑降女子座位」で…

前の記事

清宮幸太郎

1990年代、野茂英雄投手がメジャーリーグの扉を開けて以来、次々と日本のスター選手が海を渡って行った。「大魔神」こと佐々木主浩(かずひろ)投手、松坂大輔投手、イチロー選手…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…