日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年9月1日号 中村恒夫

韓国に対する輸出管理の厳格化を巡る問題は、日本の産業界には強固な国際競争力を持った分野があると再認識させた。半導体や液晶ディスプレーといった価格競争力が売上高を左右するものではシェアを落としたり、市場自体から撤退したりしているが、高度な技術を要する部品については日本企業が独占的なシェアを有している場合もある。

▼「当社も飲食店で使用する食品添加物の素材を提供している」と話すのは、江戸時代から続く老舗醸造メーカーの元社長。世界的な日本食ブームの影響で、海外に出店する顧客が増え、結果的に「素材を輸出しているのと同じことになった」という。その素材がアレルギー体質の消費者に悪影響を及ぼさないか、イスラム教徒が口にできない成分が入っていないかなど、完成品を販売していなくても注意を払っている。

▼米中貿易紛争でも分かるように、従来の外交慣行にとらわれず、自国の利益を最優先させようとするケースが急速に増えている。その際、自社製品が巻き込まれる可能性も同様に高まっていると言えよう。企業のBCP(事業継続計画)は大地震やテロ行為などに見舞われることを想定しているが、国同士の争いでサプライチェーンが途絶する事態も考えておく必要があるだろう。

▼「コストが安い」という理由だけで、海外に頼っていると、不測の事態で部品が手に入らなくなることもあり得るのだ。その際に、別の供給源を確保できているのか、確認しておく作業は決して無駄ではない。

▼韓国向け輸出管理強化を引き合いに出しながら、元社長は「オンリーワンのメーカーは強い。企業として生き残るには自社の技術力を高めるのが一番大事だ」と語っていた。

(時事通信社常務取締役・中村恒夫)

次の記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

今年6月に米フェイスブック(FB)はデジタル通貨のリブラを2020年初めに発行する計画を発表した。もし、これが実現すると、ほぼ無料で送金や支払いができる。とりわけ、世界で銀…

前の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

「観光立国」の推進には、わが国の歴史・文化を象徴する文化財の活用が大きな鍵を握っているといわれる。その文化財のイメージは、これまで古代から中・近世までの古い時代の遺…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…