日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 就業規則モデル条文 第4版 ―上手なつくり方、運用の仕方

就業規則モデル条文 第4版 ―上手なつくり方、運用の仕方 中山慈夫著

本書は、企業実務の立場から、就業規則の作成手続きと効力に関するルールを説明し、必要不可欠と思われるモデル条文を掲げて、その意味と現在の労働法令上の根拠を示している。併せて、職場で生じやすい問題について判例を基に解説。各条文についての「基本的な考え方」を示した上で、運用上問題となりやすい事項について、「チェックポイント」と「問題点」を設け詳述するとともに、検討を要する実例も例示している。今回の第4版では、働き方改革関連法を踏まえて改訂し、ハラスメント対応、副業、時間外労働の上限規制、年次有給休暇の確実な取得なども取り上げた。(A5判/524ページ/4000円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

水元仁志

1959年に始まった日本のスーパーマーケットは、その後、一大産業へと発展を遂げ、日本の食品販売業界をけん引してきた。しかし、数年前にコンビニエンスストアに業界トップの座…

前の記事

日本経済団体連合会

本書は、人事・労務部門の初任担当者に向けて、日本の労働市場の動向、働き方改革関連法(時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金など)や2019年6月5日に公布された改正女性活躍…

関連記事

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会は現在、下請代金支払遅延等防止法(下請法)のポイントが分かるテキスト『実践! 下請法』改訂版(写真)を販売している。同テキストは、毎…

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネスモデル転換を図っている。同…

山田泰造

日本商工会議所が発行する『月刊石垣』2016年11月号の特集「ピンチをチャンスに変える プロが教えるクレーム対応の最新技術」に登場した著者の最新刊。現代社会では、ストレス…