日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート W杯の切り札になれるか 高速ドリブラー中島翔哉

サッカー国際親善試合 日本代表対マリ代表戦後半で同点ゴールを決めた中島選手

4月1日、ポルトガル国内を大きなニュースが駆け巡った。サッカー、ポルトガル1部リーグ、ポルティモネンセの中島翔哉選手(MF・FW)が「26億円でジダンのチームへ行く」と報じられたのだ。ジダン(監督)のチームとは、スペインの超名門クラブ、レアル・マドリードのことである。昨年からポルティモネンセでプレーする中島は、高速のドリブルで相手を抜き去り、貪欲に放つシュートと的確なパスセンスで一躍ポルトガルのサッカーファンの注目を集めている。そんな中島が、いきなりレアルに移籍? ポルティモネンセのサポーターもさぞや驚いたことだろうが、これにはオチがあった。そうエイプリルフールの冗談だったのだ。それでも中島には、もしかしたらという可能性があるから通用したジョークであり、このジョークは彼の能力の高さと期待の大きさを示している。事実、ポルトガルの名門ポルトやベンフィカ、香川真司が所属するドイツのドルトムントなどが強い関心を持っていると伝えられている。

23歳の中島が、日本代表初招集でいきなり強烈なインパクトを残したのは、3月23日、ベルギーで行われたマリとの国際親善試合だ。後半15分から投入された中島は、左サイドから得意のドリブルで切り込み何度もチャンスを創出した。そして迎えたロスタイム、中盤でボールを持つとすぐさまゴール前に供給し、そのままスピードを生かして駆け上がる。右サイドでその動きを察知した三竿健斗(鹿島)からゴール裏へクロスが入ってくる。このボールに中島が左足のボレーで合わせて日本代表は何とか1対1の同点に追いついた。中島にとって代表初出場初得点のゴールだった。

身長164㎝、体重64㎏。

アルゼンチンのマラドーナやメッシにも似た小柄な体格だが、切れ味抜群のプレースタイルでも彼らとイメージが重なる。東京ヴェルディの下部組織で育ち、日本ではカターレ富山やFC東京でプレーしていた。16年リオデジャネイロ五輪にも出場し、17年夏から期限付きでポルティモネンセに移籍した。

6月に迫ったW杯ロシア大会。最終メンバーに中島は残れるのか。いや彼こそが切り札だ。「自分の武器や特徴を出すことが日本にとって大事」と謙虚だが、誰も止められないこの選手をW杯でぜひ見たい。

写真提供:産経新聞

あおしま・けんた スポーツライター&キャスター 1958年新潟市生まれ。埼玉県立春日部高校から慶応義塾大学、東芝を経てヤクルト・スワローズに入団。プロ野球初打席で初ホームランを記録。引退後は、オーストラリアで日本語教師を務め、帰国後、あらゆるメディアでスポーツの醍醐味を伝えている

次の記事

青島健太

彼のバッティングを見ていると「ヒットって、こんなに簡単に打てるんだ!」と思ってしまうが、プロのピッチャーを打つことは、そう容易なことではない。しかし、いとも簡単に打…

前の記事

村岡桃佳

平昌パラリンピックのチェアスキーで新女王が誕生した。埼玉県深谷市出身の村岡桃佳選手だ。 開会式(3月9日)で旗手を務めた村岡選手は、翌朝から行われた「滑降女子座位」で…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…