日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ピンチョス片手にまち回遊へ

気軽に食べられる軽食「八幡浜ピンチョス」の一例

新たな食文化の普及目指す

八幡浜商工会議所や行政、関係団体などでつくる「八幡浜新食文化研究会」は2月8日から29日まで、スペイン料理のおつまみをアレンジした新たなご当地グルメ「八幡浜ピンチョス」を食べ歩くスタンプラリーと写真コンテストを開催した。八幡浜に新たな食文化を発信しようという取り組みで、同所の呼び掛けに賛同した市内の飲食店14店がオリジナルメニューを開発。初日は商店街で参加店4店が八幡浜ピンチョスを販売するキックオフイベント「八幡浜ピンチョス タベルンテヤ」を実施し、訪れた市民らにPRした。

八幡浜ピンチョスは、「一軒で満腹になるより、複数の店を回って少しずついろいろな料理を楽しめる方がお客にも店にもメリットがある」との発想から生まれた。愛媛県職員が発案し、同所や愛媛大学の学生らが普及に取り組む産学官連携事業となっている。「はしご」ができる少量フードであることを条件に、焼き肉店、すし店、バーなどの各店がそれぞれ個性的なメニューを開発。提供店を紹介する8日のイベントのパンフレットは、愛媛大学の学生も店舗取材に加わり聴き取りを行って制作した。

イベントでは早々に完売するなど大盛況。同所担当者は「八幡浜ピンチョスを広め、まちのにぎわい創出につなげたい。いずれまち全体をフードコートのようにすることを模索したい」と話している。

次の記事

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)は、下松市特産の「笠戸ひらめ」を使った「きのこたっぷり笠戸ひらめのパエリア」(炊き込みご飯の素)を開発し、3月26日、市役所を訪れ國井益雄市長に試…

前の記事

茨城県 ひたちなか商工会議所

ひたちなか商工会議所に事務局を置く「ほしいも魅力発信プロジェクト」は、国内生産量の9割を占める特産品の干し芋を観光資源として活用し、地域活性化を目指す一連の取り組み…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は9月16~18日の3日間、同所1階多目的スペースで「『Withコロナ時代』職場の感染症対策グッズ緊急展示・商談会」を開催した。職場での新型コロナウイルス感染拡…

宮崎県 西都商工会議所

西都商工会議所(宮崎県)は、西都市の市街地活性化の拠点として「まちづくり西都KOKOKARAココカラ」を開所した。名称には「ここから市街地の活性化がスタートする」という意味…

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所(岐阜県)と大垣観光協会が特許庁の地域団体商標に登録出願していた「大垣の木枡」および「大垣の枡」が7月14日に商標登録された。9月4日には、同所交流産業委…