日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 笠戸ひらめのパエリア 全て地元産、試作品完成

笠戸ひらめのパエリアの缶詰とレトルトパウチ

下松商工会議所(山口県)は、下松市特産の「笠戸ひらめ」を使った「きのこたっぷり笠戸ひらめのパエリア」(炊き込みご飯の素)を開発し、3月26日、市役所を訪れ國井益雄市長に試作品の完成報告を行った。新たな特産品開発により観光収入の増加と市民の意識付けを図り、地域の持続的発展を目指す。披露したのは1合用の缶詰と2合用のレトルトパウチ。食材は全て下松産、缶詰の缶も市内の事業者が生産するなど〝オール下松〟にこだわった。

同商品の開発のきっかけは、地域資源の掘り起こしを目的に2018年に立ち上げた同所ブランドプロジェクト委員会で、地元食材を用いた缶詰の製造が発案されたこと。市内に缶の素材となるブリキの製造販売会社、東洋鋼鈑があることが、缶詰商品に着目した理由だ。19年7~9月に日本商工会議所が特産品開発や販路開拓などを支援する「feel NIPPON 地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト」を活用し、市場調査や特産品の認知度などを測るアンケートを実施、それを基に、地元の認知度が高かった笠戸ひらめを使った商品開発を始めた。

当初はアヒージョなども検討したが、特徴を出しにくいことからパエリアに絞り、専門家も交えて試作を重ね、このほど缶詰とレトルトパウチを完成させた。使用する食材は、笠戸ひらめをメインに特産品化を進めている「来巻(くるまき)にんにく」、きのこ(エリンギ、マイタケ、ヒラタケ)、レモンなど全て下松産だ。つくり方は、といだコメと一緒に炊飯器に入れて炊くだけ。パエリアパンを使って本格的なパエリアをつくることもできる。

國井市長からは「香りもよく笠戸ひらめの風味が感じられる。下松の特産品として全国に発信したい」と好評を得た。今後はさらに内容をブラッシュアップするとともに販売場所の選定や価格の設定などの検討を進め、2020年度内の商品化を目指す。

次の記事

岐阜県 中津川商工会議所/岐阜県 関商工会議所/岐阜県 美濃商工会議所

岐阜県の中津川商工会議所、関商工会議所、美濃商工会議所は4月5日、JR中津川駅前の観光物産施設「にぎわい特産館」に、岐阜を代表する特産品である「関の刃物」や「美濃和紙」…

前の記事

愛媛県 八幡浜商工会議所

八幡浜商工会議所や行政、関係団体などでつくる「八幡浜新食文化研究会」は2月8日から29日まで、スペイン料理のおつまみをアレンジした新たなご当地グルメ「八幡浜ピンチョス」…

関連記事

和歌山県 橋本商工会議所

橋本商工会議所(和歌山県)は2020年11月14、21、28日の3日間、橋本市内の恋野地区で、ボランティアとして参加した市民らと共にチューリップの球根の植え込み作業を行った。同…

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…