コラム石垣 2019年11月1日号 中山文麿

10月12日、スーパー台風19号が伊豆半島に上陸して、関東・甲信越・東北地方に記録的な豪雨をもたらした。この台風は上陸前の6~7日の24時間に中心気圧が77ヘクトパスカルも下がり急速に巨大化した。日本近海の海水温が27度と高く、しかも水深50メートルまで暖かくなっており台風に膨大な水蒸気を供給したためである。

▼気象庁も今回の台風は50年に一度経験するか、否かの巨大な台風だとして最大の警戒を呼び掛けていた。風速はそれほど強くなかったが、猛烈な雨を降らせた雨台風で、神奈川県箱根町では1日当たりの降水量が922・5ミリメートルと国内観測史上最高を記録した。また、流域型といわれる洪水で千曲川や阿武隈川など一級河川に大量の支流の水が流れ込んで大洪水を起こした。

▼この災害は地球温暖化の影響で、これまでの知見が通用せず、大災害が毎年日本のどこかで起こるような事態だ。このような新しい受難の時代に入って、政府は内水氾濫対策も含めてこれまでの常識的な防災対策を抜本的に見直さなければならない。

▼地方自治体もタイムライン(防災行動計画)を策定し、迫りくる危機に対して正しく対応してもらいたい。ハザードマップもフルに活用して防災専門家の意見も取り入れ、住民の啓発と注意喚起を徹底すべきだ▼企業も危機管理に当たり、地震については70%以上の企業が対策を講じている。しかし、浸水については70%の企業は何ら対策を立てていない。企業は事業継続計画(BCP)を策定し、自社の事業活動がサプライチェーン上の責務を全うできるようにすべきだ。

▼個人も、自分の住む地域のハザードマップを正しく理解し、その地域の危険を把握して適切に行動したい。

(政治経済社会研究所代表・中山文麿)

次の記事

コラム石垣 2019年11月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先月、二つの巨大台風が関東、東北地方を襲った。100人を超す犠牲者を出す大災害となった。知り合いの英国人から沈鬱(ちんうつ)な表情でこう聞かれ...

前の記事

コラム石垣 2019年10月21日号 中村恒夫

時事通信社常務取締役 中村恒夫

「人工知能(AI)に詳しい人材がいないと企業として生き残れないのでは」と旧知の中堅企業役員は真剣な表情で懸念を口にした。政府がAIなど最先端技...

関連記事

コラム石垣 2021年11月21日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

日本のインベスターリレーションズ(投資家向け情報提供=IR)活動普及に尽力した故石黒徹氏の追悼文集が知人から送られてきた。この中で同氏の「...

コラム石垣 2021年11月11日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されて以来、世の中の動きがにわかに加速した。ありがたいことだが、年度単位の国・自治体の業務など...

コラム石垣 2021年11月1日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

1961年にソ連のガガーリン飛行士がボストーク1号で人類初の有人宇宙飛行に成功してから60年。宇宙へ向けた人類最初の目標は月だった。1968年に米国...