コラム石垣 2019年11月11日号 神田玲子

先月、二つの巨大台風が関東、東北地方を襲った。100人を超す犠牲者を出す大災害となった。知り合いの英国人から沈鬱(ちんうつ)な表情でこう聞かれた。「これほどインフラが整備されている日本で、なぜ、こんなに逃げ遅れた人が多いのか」と。彼女は、ハリケーンの通り道であるジャマイカで幼児期を過ごした。家屋は壊れやすく、インフラも脆弱(ぜいじゃく)なので、市民はハリケーンが来る前に退避し、漏電を防ぐために計画停電を実施していたそうだ。ジャマイカに比べて経済的に豊かな日本で、河川沿いの建物の1階に住む人々が、退避もせずに亡くなったことが信じられないという。

▼調べたところ、東日本大震災の時に亡くなったのは、ハザードマップで危険だとされていた地域の人々ではなく、ここは安全だと思われていた地域の人々だったという。インフラを整備すればするほど人々の意識に慢心が生まれ、防御できなかったときの被害は大きくなる。つまり、強靭(きょうじん)なインフラの整備が人々の危機意識を希薄にし、かえって命を危険にさらすことになる。これでは、費用をかけた対策も本末転倒となる

▼ハード中心の対策の落とし穴がここにある。インフラ整備は重要だが、一人一人の意識を高めることがそれ以上に肝心だ。ハードとソフトの両面からの危機管理が必要である。インフラが脆弱であることを前提としたジャマイカから日本が学ぶことも多いのではないだろうか。政府は今回の被災を受け、河川の堤防の強化などの災害対応を実施することを決めた。しかし、人々に「安心だ」と過信させることは危機管理とはいえない。人々の危機意識を醸成するための対策を望む。

(NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2019年11月21日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰 宇津井輝史

日本語は難しい。他言語話者が習得しにくいだけでなく、母語とする人にとっても複雑怪奇である。そもそも「日本語」が普及したのは明治以後。国民...

前の記事

コラム石垣 2019年11月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

10月12日、スーパー台風19号が伊豆半島に上陸して、関東・甲信越・東北地方に記録的な豪雨をもたらした。この台風は上陸前の6~7日の24時間に中心...

関連記事

コラム石垣 2022年1月1日号 コラム「石垣」執筆者に聞く 2022年の展望

コラムニスト 宇津井輝史/NIRA総合研究開発機構 理事 神田玲子/観光未来プランナー 文化庁日本遺産審査評価委員 丁野朗/時事総研 客員研究員 中村恒夫/政治経済社会研究所 代表 中山文麿

日本商工会議所100周年を迎える2022年。いまだコロナ禍の収束を見ない中、時代はどう変わるのか。本紙コラム「石垣」執筆者に、今年の日本と世界の...

コラム石垣 2021年12月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、久しぶりに友人と会った。先の衆議院選挙について「成長と分配ということだけれど、今更何を言っているのか」と首をかしげた。確かに、成長...

コラム石垣 2021年12月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月の8~11日、中国共産党の第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が北京で開催され、習近平国家主席の主導の下、共産党の第3回の歴史決議が...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする