日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年11月11日号 神田玲子

先月、二つの巨大台風が関東、東北地方を襲った。100人を超す犠牲者を出す大災害となった。知り合いの英国人から沈鬱(ちんうつ)な表情でこう聞かれた。「これほどインフラが整備されている日本で、なぜ、こんなに逃げ遅れた人が多いのか」と。彼女は、ハリケーンの通り道であるジャマイカで幼児期を過ごした。家屋は壊れやすく、インフラも脆弱(ぜいじゃく)なので、市民はハリケーンが来る前に退避し、漏電を防ぐために計画停電を実施していたそうだ。ジャマイカに比べて経済的に豊かな日本で、河川沿いの建物の1階に住む人々が、退避もせずに亡くなったことが信じられないという。

▼調べたところ、東日本大震災の時に亡くなったのは、ハザードマップで危険だとされていた地域の人々ではなく、ここは安全だと思われていた地域の人々だったという。インフラを整備すればするほど人々の意識に慢心が生まれ、防御できなかったときの被害は大きくなる。つまり、強靭(きょうじん)なインフラの整備が人々の危機意識を希薄にし、かえって命を危険にさらすことになる。これでは、費用をかけた対策も本末転倒となる

▼ハード中心の対策の落とし穴がここにある。インフラ整備は重要だが、一人一人の意識を高めることがそれ以上に肝心だ。ハードとソフトの両面からの危機管理が必要である。インフラが脆弱であることを前提としたジャマイカから日本が学ぶことも多いのではないだろうか。政府は今回の被災を受け、河川の堤防の強化などの災害対応を実施することを決めた。しかし、人々に「安心だ」と過信させることは危機管理とはいえない。人々の危機意識を醸成するための対策を望む。

(NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子)

次の記事

文章ラボ主宰 宇津井輝史

日本語は難しい。他言語話者が習得しにくいだけでなく、母語とする人にとっても複雑怪奇である。そもそも「日本語」が普及したのは明治以後。国民を創るため、各地の「お国こと…

前の記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

10月12日、スーパー台風19号が伊豆半島に上陸して、関東・甲信越・東北地方に記録的な豪雨をもたらした。この台風は上陸前の6~7日の24時間に中心気圧が77ヘクトパスカルも下が…

関連記事

コラムニスト 宇津井輝史

20世紀が始まったのは1901(明治34)年である。当時の日本人は慣れ親しむ元号以外の数え方があることなど関心がなかった。世紀が変わったからといってさしたるイベントはない。慶…

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

コロナ禍で急速に広がったテレワーク。先日、企業で働く友人数名を集め、テレワークの状況について語ってもらった。全社的なテレワークが、想定以上にうまくいっていることに、…

政治経済社会研究所代表 中山文麿

日本を襲った新型コロナウイルスの死者数は欧米と比較してはるかに少ない。しかし、この現象は東アジアの国々に共通したことで、人口10万人当たりの死者数では、わが国は東アジ…