日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 地域内経済循環を活性化 市へバイ・ローカル提言

バイ・ローカルの概念を説明

和歌山商工会議所青年部(和歌山YEG)は、地域内経済を循環させ活性化することを目的とした「シフト20億円! BUY LOCAL(バイ・ローカル)で地域内経済循環を活性化しよう!」と題する政策提言をまとめ、3月16日、和歌山市役所で太田隆会長から尾花正啓市長へ提出した。バイ・ローカルとは、地元で買い物・外食をすることで、地域経済の保護と活性化を図る経済キャンペーン。大型ショッピングセンターの進出やネットショッピングの普及に地元事業者や商店街が衰退するのを食い止め、地元に所得を還元しようという運動だ。

同YEGは2018年度に「会員のための提言委員会」を組織。地元経済の活性化を図るため会員から寄せられた意見やアイデアを基に提言作成に取り組んできた。提言では、和歌山市民36万人が1人毎月500円を地元消費に切り替えるだけで、年間20億円以上の経済効果を生み、雇用増加やさらなる域内消費へつなげられると呼び掛けている。

この日は太田会長、提言委員会の有井安仁委員長ら同YEGメンバー30人が出席。提言の説明の場では、自ら率先して地元消費を行うと述べ、市の協力を依頼した。今後は具体的な取り組みとして、会員事業所へバイ・ローカルを呼び掛けるポスターを提示するなどPR活動から始めることを検討している。

次の記事

島根県 大田商工会議所

大田商工会議所(島根県)は、3月1日から4月初旬まで、東京・銀座の歌舞伎座地下2階「木挽町広場」の一角で、「島根県大田市物産展」を開催した。木挽町広場は歌舞伎グッズや土産…

前の記事

新潟県 糸魚川商工会議所

糸魚川商工会議所(新潟県)と糸魚川市は3月、企業強化や新たな産業創出を促す活動の土台として「糸魚川産業創造プラットフォーム」を設立した。同プラットフォームは企業情報を…

関連記事

和歌山県 橋本商工会議所

橋本商工会議所(和歌山県)は2020年11月14、21、28日の3日間、橋本市内の恋野地区で、ボランティアとして参加した市民らと共にチューリップの球根の植え込み作業を行った。同…

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…