日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 企業連携や新産業創出へ プラットフォーム開設

「いとしごと」コーナーのトップ画面

糸魚川商工会議所(新潟県)と糸魚川市は3月、企業強化や新たな産業創出を促す活動の土台として「糸魚川産業創造プラットフォーム」を設立した。同プラットフォームは企業情報を一元化した“コト・モノ・ワザ・ヒトデータベース”をマッチングや人材確保に活用するほか、企業の魅力発信、ブランディングのための研究会立ち上げなど、企業PRや企業間の協業にもつながる仕組みだ。

昔から経済・文化・交通が交差する場所であった同市の産業界は近年、大きな転換期を迎え、将来を見据えた事業活動を行う必要性が叫ばれている。同所は2018年に設立準備委員会を立ち上げ、人材不足や技術の伝承、事業承継などの課題を企業連携で、さらに行政とも連携して解決するプラットフォームづくりを検討、19年に「平成31年度総務省シェアリングエコノミー活用推進事業」に採択された。同年11月から同所会員と同市内の能生(のう)商工会、青海町(おうみまち)商工会会員企業を対象に参加企業を募集し、今年3月末現在で46社が登録している。

同プラットフォーム設立とともに開設したウェブサイト「cross local Itoigawa」では、市内の企業を紹介する「なりわいデータベース」、経営者の声を届ける求人コーナー「いとしごと」、企業と企業をつなぐ「シェアリングエコノミー」、さまざまなプロジェクトを紹介する「プラットフォーム」の四つのコーナーを展開。企業が同プラットフォームを活用することで、個社では限界のある活動領域の拡大や人材不足の解消、新事業の創出などが期待される。

同所は「他企業の情報が得られ、つながりを持てるのが最大のメリット。ぜひ活用してほしい」と話している。年会費は1万円から。

詳細は、https://itoigawa-platform.jpを参照。

次の記事

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

和歌山商工会議所青年部(和歌山YEG)は、地域内経済を循環させ活性化することを目的とした「シフト20億円! BUY LOCAL(バイ・ローカル)で地域内経済循環を活性化しよう!」と題す…

前の記事

新潟県 燕商工会議所

燕商工会議所(新潟県)と燕市内に事務局がある日本金属洋食器工業組合、日本金属ハウスウエア工業組合、協同組合つばめ物流センターの4団体は3月12日、同所で「新型コロナウイル…

関連記事

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…