日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年11月21日号 神田玲子

デジタル化による技術の急速な変化は、市場での競争の概念を塗り替えつつある。ライバル企業との協力をあえて選択し、いち早く市場での優位な位置を確保しようとする企業が増えている。こうした企業戦略は「コーペティション」という。協調を意味するコーポレーションと、競争を意味するコンペティションを合わせてつくられた造語だ。

▼その代表例がアマゾンである。消費者はアマゾンのサイトを通して、アマゾン以外の小売店からも直接、商品を購入することができる。このマーケットプレイスという仕組みで扱われている数は、アマゾンが直接販売する商品の30倍以上といわれる。アマゾンにしてみれば、品ぞろえが増えることでサイトの価値が上がり、小売店側はアマゾンの看板を利用し売り上げアップにもつながる。

▼こうした両者の間には、本来の競合関係が生きており、どちらかが利益を失うリスクも高い。プラットフォーム企業が独占的な地位を乱用して不公平な取引を行っているという批判はよく聞かれる。政府が取る政策スタンスによっても両者の力関係は影響を受ける。

▼もう一つの事例は、台湾やイスラエル政府による国内の民間企業の対外連携への政策的な介入である。両国は、未熟な国内企業をてこ入れし、海外のグローバル企業との連携を促すことで、IT国家に脱皮することに成功した。政府の介入がなければ、周回遅れの国内企業を育成することもできなかったはずだ。

▼市場取引の公平性の判断や、内外企業の連携を後押しするための介入など、政府によって民間企業の競争力が左右される。コーペティション戦略に合わせた政策のアップデートを行う必要がある。

(神田玲子・NIRA総合研究開発機構理事)

次の記事

コラム石垣 2018年12月1日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰 宇津井輝史

ダイエット中の人は体重計の表示に一喜一憂する。国際貿易から買い物まで、商取引はモノの重さを単位として値段を付ける。タンパク質の質量を精密...

前の記事

コラム石垣 2018年11月11日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

11月6日に米国の中間選挙が行われ、下院は民主党が勝利し、上院は共和党が多数派を維持した。共和党はトランプ大統領を前面に出してトランプ党とし...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...