日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年12月1日号 宇津井輝史

ダイエット中の人は体重計の表示に一喜一憂する。国際貿易から買い物まで、商取引はモノの重さを単位として値段を付ける。タンパク質の質量を精密に測定するのは医療技術の発展に欠かせない。

▼重さと質量は違う。体重60㎏の筆者は、月の世界では10㎏である。月には地球の6分の1の重力しかないためだ。ある量の物体(質量)に重力が働いて発生する2次的な量が「重さ」である▼1キログラムというのは物理学では質量の単位。その物体をはかりに載せたとき、1キログラムと表示するように目盛りを調整しているから質量を「重さ」で代用できる。では、そもそも1キログラムの重さをどう決めたのか。

▼1889年、メートル条約で「これが1キログラム」という白金イリジウム合金製の「国際キログラム原器」が製作(それまでは「4℃の水1リットルの質量」)された。「本尊」はパリに保管され、複製が各国に配られた。だが人工物ゆえ微妙な変化が生じる。ゆらぎのない方法がずっと模索されてきた。

▼たとえば1メートルは「地球の子午線の4分の1の距離の1千万分の1」だったのを「光が単位時間に真空中を進む距離」に再定義され、1秒の定義には原子時計が使われる。他に電流や温度など、基本単位は物理定数に基づく普遍的な定義に次々と置き換えられてきた。ただ一つ取り残されたのが「重さ」だった。合金による方法を上回る技術がなかったためだ。だがついに「そのとき」がやってきた。

▼10月16日、国際度量衡総会が「光に関する物理定数(ブランク定数)」によって1キログラムを定義すると決めた。科学史上画期的な出来事である。シリコン球体の原子数を正確に測定した日本の技術も貢献した。ナノテク分野など、計測技術が新たな未来を拓くだろう。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

国の観光戦略ビジョンでは未活用資源としての文化財の活用が注目されている。その象徴が「日本遺産」である▼地域の歴史的魅力や特色を個々の文化財ではなくて、これら多様な文…

前の記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

デジタル化による技術の急速な変化は、市場での競争の概念を塗り替えつつある。ライバル企業との協力をあえて選択し、いち早く市場での優位な位置を確保しようとする企業が増え…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

9月1日は防災の日、台風シーズンの真っただ中だ。先の「令和2年7月豪雨」では、気象庁は熊本県人吉町周辺の24時間の降水量が200ミリメートルに達するとして周辺住民に厳重警戒…

時事総合研究所客員研究員・中村恒夫

「国家公務員の定年延長が見送られ、ホッとした」と情報関連企業の人事担当役員は安堵(あんど)した表情で話してくれた。公務員の65歳定年が確定すれば、民間企業もいずれ追随し…

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

本年4月、文化庁・観光庁の共管による「文化観光推進法」が成立、5月1日に施行された。正式名称は、文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律であ…