日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年11月11日号 中山文麿

11月6日に米国の中間選挙が行われ、下院は民主党が勝利し、上院は共和党が多数派を維持した。共和党はトランプ大統領を前面に出してトランプ党として戦い、民主党はトランプ氏の政策や行動を批判して反トランプとして戦った。

▼今回の選挙でトランプ氏は良識ある人が嫌悪する排他的移民政策、ロシア疑惑、脱税疑惑や多くの暴露本にもかかわらず、一定の米国民の支持を得た。

▼一般に、政治家はポリティカル・コレクトネス(人種・宗教・性別などの違いによる偏見・差別の考えを出さない)に徹し、ノーブレス・オブリージ(高貴な人は高貴な振る舞いをする)のように演じる。トランプ氏にはこれがない。

▼トランプ氏は一般白人労働者に分かりやすい言葉で、彼らの琴線に触れる本音を語ってきた。また、大統領選挙で約束した公約をきちんと守ってきたことなどによって、キリスト教福音派を中心とした保守層の岩盤支持を得た。

▼今回の選挙で下院は民主党が勝利したことにより、これからトランプ大統領は自分の政策を実行することが難しくなる。そのため、彼は議会の承認を要しない大統領令を頻発しそうだ。

▼ただ、貿易政策における自国第一主義の保護貿易政策は民主党の基盤である労働組合の主張とも重なり、今後とも大きく変わることはない。また、米連邦最高裁の新判事の任命においてセクハラ疑惑のあった、保守派のブレッド・カバノー氏が承認された。その直後の世論調査で共和党の支持率が一時上昇した。このことは米国の社会が想像以上に保守化していることを物語っている。

▼この保護貿易や保守化の流れは大きく変わることなく今後の米国の政治・経済・社会を律するものとなろう。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

コラム石垣 2018年11月21日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

デジタル化による技術の急速な変化は、市場での競争の概念を塗り替えつつある。ライバル企業との協力をあえて選択し、いち早く市場での優位な位置...

前の記事

コラム石垣 2018年11月1日号 中村恒夫

時事通信社常務取締役 中村恒夫

プラスチック廃棄物の取り扱いが世界的な課題になっている。特に、海洋に流出し「マイクロプラスチック」となった細かな粒を、魚介類やプランクト...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...