日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第55回 経済産業大臣賞

専用の木箱入りで一つ3000円(税別)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1269点の土産品から優れた商品を選定。その中でも特に優秀な商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。

古くから陶芸の盛んな越前は、日本六古窯としても有名な地域。今でも多くの陶芸作家たちが伝統を引き継ぎ、時代に応じたさまざまな作風の作品を生み出し続けている。

審査員から、「直径約9㎝の盃(さかずき)がわずか2gと軽く、しかも風格がある美しいフォルムは魔法の盃のようであり、技術の高さが高得点に結びついた」との評価を得た「越前薄作り極盃『匠』」は、福井県にある越前焼工業協同組合に所属する「光窯(ひかりがま)」の司辻健司さんが手掛けた作品。最高級のきめ細やかな陶土を使用し、試行錯誤を重ねた末に編み出された商品で、小さな盃には、匠の技術が目いっぱい詰め込まれている。

特に、ワイングラスに匹敵する1~2㎜程度の薄さは、口当たりが非常に優しく、酒本来の味を引き立てると、酒通の中でも好評。越前焼の新たな可能性を見いだした作品としても、注目を集めている。

次の記事

鶏のささみくんせい

宮崎県の自然と太陽に育まれた特産の鶏を、職人が丁寧にしっかりと燻した雲海物産の「鶏のささみくんせい」は、袋を開けるとスモークの香りが食欲をそそり、噛めば噛むほどうま…

前の記事

陰陽の和ろうそく

明治26年創業の、新潟市にある「小池ろうそく店」は、県指定の工芸品として認定された「和ろうそく」をつくり続けている専門店。「わずかでも喜ばれるものづくりをしたい」と考…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…